子猫の爪の切り方

子猫の爪切りはとにかく大変ですよね。すばしっこかったり、じっとしてられなかったり。。ただ爪切りを諦めると尖ってきて危険ですよね。この記事ではそんなやんちゃ盛りの子猫の爪を上手く切る方法を紹介します。

眠たそうにしているところを狙おう!

http://weheartit.com/entry/278921578/search?context_type=search&context_user=nerimanduzenli&query=%E7%8C%AB

 

元気な時には子猫は遊びたくて仕方がありません。そんな時に抱っこをしても大人しくしている猫は余程のお利口さんです。爪を切る前にまずはたくさん遊ばせて疲れさせましょう。時間が経てば徐々に眠気に襲われウトウトしてきます。ここから初めて爪切りを行うことが可能になります。

脚に触れることに慣れさせよう

猫のさわられてうれしい場所子猫が爪切りで嫌がる一番の理由は「脚を触られるのに慣れていないから」です。お腹や脚は猫にとってあまり触られたくない箇所であり抵抗します。爪切りを行うために普段から脚を触り、触られても危害が及ばないことを示す必要があります。

様々な体勢がありますが、筆者がオススメするのは抱っこして切る方法です。まずは下の写真のように猫を抱っこしてください。

 

次に脚の肉球を揉むように触り、慣れてきたら肉球を押して爪を出してみてください。最初の頃は不快感を示し嫌がって暴れる猫が多いかと思いますが、根気よく続けることで徐々に慣れて(というか諦める)かと思います。爪を出すまでに慣れてきたらやっと爪切りが行えます。

爪の切り方

まず爪切りの道具ですが、できればペット専用の爪切りが綺麗に切れて感染なども起こりにくくオススメですが、市販の爪切りでも構いません。切る位置ですが下の図のように赤く見える箇所の先端付近までを切りましょう。注意して欲しいのは赤い部分を切ってしまうと深爪になってしまうので不安であれば多めに残していただいても構いません。

猫の爪の切り方

もう1つの注意点としては、子猫がふと暴れた時などに手元が狂って深爪になってしまうことがあるので、細心の注意を払って爪を切ってあげましょう。

1度に全部切ろうとしてはダメ!

子猫は注意力が続きません。おそらくどんなに眠くても3本くらい爪を切ると暴れ始めてしまうかもしれません。そのような状況になった時に無理に押さえつけて爪を切ろうとすると爪切りに対して抵抗感を持ってしまうので要注意です。あまり無理はせず何回かに分けて切ることで、猫も不機嫌にならずに爪を切ってあげることができます。
まずは焦らず徐々に猫とのコミュニケーションから慣れさせていって、進んで爪を切らせてくれる様にしつけていきましょう!

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

筒見憲介

サイトの管理人です。猫と言ったらとなりねこと言われるように、役に立つコンテンツや面白い連載記事を提供します。