あげたら危険!猫に絶対に与えてはいけない食べ物とは?

ねぎは危険

猫が甘えてきたのでついつい食べ物を与えたくなってしまう時がありますよね。ちょっと待った!
人と猫は体の作りが違うもの。猫に絶対にあげてはいけない食べ物があるんです。この記事ではそんな与えると危険な食べ物はなにかまとめました。

ネギ類

ねぎは危険

玉ねぎ、長ネギ、ニラ、ニンニク、エシャロット、らっきょうなど、ネギ類全般が猫にとっては危険です。これはネギ類に含まれる「アリルプロピルジスルファイド」という成分が猫の赤血球を破壊してしまうためです。
食べてしまうと胃腸障害、嘔吐、血圧上昇、血尿、衰弱を起こし、最悪死に至ってしまう非常に危険な食べ物です。

ネギの臭いは猫が好まないので食べようとはしませんが、万が一食べてしまった場合には急いで病院に連れて行きましょう。

スポンサーリンク

チョコレート・カカオ類

chocolate

チョコレートにはカフェインと似た苦味成分「テオブロミン」が含まれています。人間にとっては覚醒作用があるだけですが、猫にとってテオブロミンは上手く分解することが出来ず中枢神経にダメージを負ってしまいます。
食べてしまうと嘔吐、下痢、不整脈、興奮、痙攣など、中枢神経のダメージによるショック状態となり、最悪死に至ってしまいます。猫も甘いチョコレートは好きなのでついつい食べようとしてしまいますが、絶対に猫が食べないように管理をしましょう。

キシリトール

キシリトール

キシリトールは人間用の人工甘味料で人には安全と言われていますが、猫には少量でも毒性があります。
肝不全が起こり、症状としては嘔吐、運動失調、痙攣等が起こります。また皮膚や口の中に出血が見られる場合もあります。

キシリトールに関して、犬は強い毒性を示しますが、猫はそこまで強い毒性は示さないと言われています。もしキシリトールを含んだ食べ物を摂取してしまった場合には、念のため病院に連れていくことをオススメします。

人間用の薬・医薬品

人用の薬

風邪を引いた時に服用する薬。自分に効果があるからといって絶対に猫に服用してはいけません。人間用の市販薬には一般的な痛み止めに使われる「アセトアミノフェン」という成分が入っています。この成分は猫にとっては強い毒性があります。
症状としては肝機能を低下させ出血、最悪死に至ってしまいます。薬を床に落としてしまった場合でも絶対にそのままにせずきちんと処理を行いましょう。

ナッツ類

ナッツ類

猫にとってはナッツ全般が危険な食べ物となっています。
症状は嘔吐、下痢、腹痛、腎機能の低下が起き、最悪死に至ってしまいます。

もし床にナッツをこぼしてしまっても絶対にそのままにしておくことが無いようにしましょう。

アボカド

アボカド

アボカド猫にとっては危険な食べ物です。
誤って食べてしまうと嘔吐、下痢、胃腸の炎症が起き、最悪死に至ってしまいます。

猫には猫専用の食べ物を与えよう

私を見て!!

猫は食べ物を選ぶことが出来ません。なんとなく美味しそうであれば思わず口に入れてしまいます。感覚は人間の赤ちゃんと一緒です。
人間のものを食べてしまわないように責任をもって管理すること、もしご飯をあげるなら猫用のご飯をあげること。猫を不幸にしないためにしっかり管理を行いましょう。

スポンサードリンク
ねぎは危険