これで夏を乗り切ろう!猫の暑さ対策。

今年は遅い梅雨あけでしたが、暑い日が続いていますね・・・。
皆さんは、おうちでお留守番をする猫たちの暑さ対策は、何かしていますか?

今回は、夏を乗り切るための、猫におすすめしたいグッズや気をつけたいポイントなどについてご紹介します。

エアコンはつけるべき?

cat20160625_024

猫は、暑さには強い反面、湿気には弱いといわれています。
じめじめ蒸し暑い日本の夏は、猫ちゃんにとって苦手なんです。

理想的には、エアコンをつけるなら、除湿モード28℃くらいの設定がベスト。

人間の目が行き届かない場合には、扇風機をつけっぱなしは怪我をする危険性があるので、やめましょう。

暑さ対策のおすすめグッズ

ひんやりマットを置く

部屋を冷やしすぎる心配もなく、猫ちゃんが好きなときにくつろぐことができるのがポイント。
猫ちゃんが使わないときには、飼い主さんが活用しているなんてケースもありました(ΦωΦ)

凍らせたペットボトルを並べる

2リットルのペットボトルに水を入れ、凍らせておきます。
フェイスタオルを巻いておけば、猫ちゃんがそのうえに乗って涼むこともできます。

遮熱カーテン&すだれを用意する

遮光カーテンだと、部屋が暗くなりがちのため、光は通し、熱だけを遮ることができる遮熱カーテンがおすすめです。
さらにすだれを併用すれば、更に熱を遮断することができます。

水を多めに配置する

水はいつもよりも多めに用意してあげましょう。
ボウルのような大きめの器に変えるのも良いですし、数を多く配置するのでも良いでしょう。

熱中症になっていない?体調チェック☆

cat20160625_004

外出から帰ってきたら、猫ちゃんたちの体調をチェックしましょう。

  • ぐったりしている
  • 食欲がない
  • ハッハッと呼吸が荒い
  • 歩くときにフラついている
  • 大量にヨダレをたらしている
  • 口の中が真っ赤
  • 脈拍や心拍数が高い
  • 目の動きがおかしい
  • 嘔吐、下痢、血便
  • 痙攣
  • 発熱(平熱39.5℃を超えている場合)

こんな症状がみられる場合には、熱中症にかかっている可能性があります。
不安な点が見受けられる場合には、かかりつけの獣医さんへ電話で相談をしましょう。

猫にとって夏の蒸し暑さは命取り!暑さ対策をお忘れなく!!

夏の蒸し暑さは、猫にとってもとても危険です。最悪の場合、命を落とす危険も・・・。

できればエアコンの除湿モード28℃をキープしたいところです。
難しい場合には、充分に暑さ対策をとりましょう。

そして、外出から戻ったらスキンシップをとりながら、体調に問題はないかチェックをお忘れなく☆

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

筒見憲介

サイトの管理人です。猫と言ったらとなりねこと言われるように、役に立つコンテンツや面白い連載記事を提供します。