あまりの臭いにポカーン。。←猫のフレーメン反応って言うんです

猫がにおいを嗅いでいる時に衝撃的な顔をする事があります。実はこの反応には名前があって「フレーメン反応」と言います。この記事ではなぜフレーメン反応が起きるのかについて紹介したいと思います。

猫はにおいフェチ?嗅いだ時にでる表情

https://www.flickr.com/photos/robynanderson/

 

この現象、実は生理現象の1つでフェロモンの臭いやその他の物質をより多く取り入れようとした時に起こる反応になります。猫はこの微妙な表情を作る事によってヤコブソン器官というにおい物質取り込み装置を広げてより多くの臭いを取り込もうとしているのです。特に異性の臭いを嗅ぐ際や、タバコなどの異臭に反応します。

それにしても臭そうな顔をするので、飼い主は「変な臭いがするのかな」と勘違いしてしまいますが、決してそういう訳でもありませんのでご安心を。

猫にとってのセキュリティーチェック

 

なぜこの反応を取ってしまうかと言うと、臭いの対象物が危害を加えてこないかや、飼い主の臭いかどうかを分析するためなのです。そこで危険物や敵意のあるものであれば攻撃的に対処し、慣れた臭いであれば好意的になります。いわばフレーメン反応は猫のセキュリティーチェックなのです。

他の動物も反応するんです

実はこの反応、猫だけではなく、牛、羊、象、コウモリなど一部の哺乳類にも見られます。

ちなみに人は?と言うと、人間は胎児の段階でヤコブソン器官が退化するため、この反応は起こりません。もし近くの人が臭い顔をしたら本当に臭いので要注意ですね!

人が臭い
スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

筒見憲介

サイトの管理人です。猫と言ったらとなりねこと言われるように、役に立つコンテンツや面白い連載記事を提供します。