ラベル表示に注目|猫の健康にいいキャットフードの選び方とは?

キャットフード

大切な愛猫だからこそキャットフードも栄養や健康にこだわって選びたいという飼い主さんは多いと思います。
普段から口にするキャットフードは猫ちゃんの体に大きな影響を及ぼすもの。
今回は意外と知らないキャットフードの選び方を詳しくご説明いたしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

キャットフードはラベルに注目

1.「総合栄養食」と書いてあるものを選ぼう

キャットフード
キャットフードを選ぶときは必ずパッケージの裏にあるラベル表示に注目するようにしましょう。
ラベル表示に「総合栄養食」と書いてあるものは猫にとって必要な栄養がきちんとつまっている証拠です。
逆に、ラベル表示に「一般食」と書いてあるものは栄養が十分ではないものなので、与え続けていると猫が体調不良や病気になってしまう可能性があります。
おやつ用のジャーキーや煮干しなどには「一般食」と書かれていることが多いものなので、ごはん代わりに与え続けるのはやめましょうね。

2.「肉」や「魚」が多いものを選ぼう

金魚と猫
キャットフードのラベル表示は原材料の項目にも注目。
原材料は入っているものが多い順に書かれているので、1番最初に肉や魚が書かれているものを選びましょう。
肉や魚が多いキャットフードは味もいいことが多いので、猫の食いつきも良くなります。
それに対して、トウモロコシなどが使われているキャットフードには注意。
トウモロコシが使われているキャットフードには、実と一緒に殻も混ぜてられていることがあります。
猫はトウモロコシの殻のような植物繊維を消化できないので便にそのまま出てしまう場合も…。
なので、飼い猫の便の様子を見ながら猫の体に合っているキャットフードを選ぶのもひとつの方法です。

3.マグネシウムの含有量に注意

キジトラ
ドライフードにはマグネシウムが含まれています。
このマグネシウムは猫の骨や歯を作るもとになったり、体の中で神経伝達物質をつくったりする役割を持っています。
しかし、実はマグネシウムを多く取りすぎることは猫にとって危険なことなのです。
特にオス猫は、マグネシウムが多く入ったキャットフードを食べ続けると泌尿器系の病気になる可能性が高くなります。
水分を積極的に飲まない子は泌尿器系の病気になりやすいので、キャットフードと共に日々の水分量にも注目してあげることが大切ですよ。

愛猫に合ったキャットフードを選ぼう

寝ている猫
猫によって体に合うキャットフードには差があるもの。
自分の体に合わせないキャットフードを食べていると便が柔らかくなったり、下痢になることがあります。
安い値段で買えるキャットフードは原材料が不安なことが多いので、できるだけ栄養がしっかり入ったプレミアムフードを食べさせてあげるようにしましょうね。
ぜひこれを機に、愛猫のキャットフードをもう一度見直してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
キャットフード