猫カフェに行って気づいた、やっぱ飼い猫は良いなと感じたことをまとめてみた

私自身猫を飼っているのですが、今まで1度も猫カフェに行った事が無く、行きたいなと思っていました。その時ちょうど渋谷に新しい猫カフェが出来たとニュースで見たので、じゃあということで行ってきました。そこでたくさんの猫を見て「可愛い〜♪」とはしゃいでしまいました♪結果的には可愛い猫といっぱい触れ合える事が出来、非常に充実していたのですが、やっぱりこういう所が飼い猫と違うなという、猫カフェの猫との壁も感じました。この記事では猫カフェとの体験とは違う飼い猫のメリットをご紹介します。

猫から甘えてきてくれる

http://sozaing.com/photo/%E3%83%9C%E3%82%B9%E7%8C%AB2.html

 

やっぱり猫カフェの猫との1番の違いは愛情の違いです。飼い猫だと強い信頼関係があるため、猫から飼い主に甘えてきてくれます。のどをゴロゴロならしたり、顔をこすりつけたり、「好きだよ」と積極的にアピールしてくれます。何とも可愛らしくていやしてくれます。

猫カフェの猫は自分勝手に過ごしている猫が多く、お客さんから猫に合わせていきます。なので基本的には甘えてきたりすることはあまりありません。愛情の壁を感じるのが1番の違いであり、飼い猫のメリットだと感じました。

一緒に寝ることが出来る

thumb_P8300879_1024

猫カフェの猫は大体半分くらいが寝ていました。写真を撮るには寝顔が可愛く癒されましたが、膝の上や腕の中で寝させることは出来ませんし、ましてや布団の中で腕枕をして寝させるなんて事は出来ません。飼い猫の場合は自分から膝の上に乗ってきて寝始めたり、抱っこしてその中で寝始めたりなど、猫カフェでは味わえない密着感で猫と暮らすことが出来ます。更に夜寝ているとふとんの中入ってくるので、猫カフェでは絶対出来ない一緒に添い寝することも出来ます。

朝はおはよう、夜帰ると玄関までお迎えに来てくれる

 

猫カフェの猫は自由気ままに過ごしているため、挨拶には来てくれません。こちらから頭を撫でて挨拶しに行くような感じです。飼い猫の場合は自分から朝はおはようと顔をこすりつけて挨拶してきてくれて、夜家に帰るとただいまと玄関で待っててくれて、ソファーに座るとこれでもかと言わんばかりに甘えてきてくれます。まるで小さい子供のように純粋で思わずキュンとします。

自分からじゃれてくれる

https://www.pakutaso.com/20140153009post-3681.html

 

猫カフェの猫は、猫じゃらしなどを使って呼び寄せるとたまにそれに乗っかってじゃれてきてくれます。ただ猫カフェには大人しい猫も多く、自分からふとしたものにじゃれてきてくれる事はありません。飼い猫の場合はなでているときなども積極的に構ってアピールをし、手だろうがじゃれて遊んでくれます。心を許さないと自分からじゃれてこないので、猫カフェの猫との違いを感じました。

猫カフェは気軽に触れ合える所、飼い猫は苦労もあるが測れない幸せがある

http://free-photos.gatag.net/tag/%E7%8C%AB-%E3%83%8D%E3%82%B3/page/2?ssort=__reaction_buttons_4-pm&sdir=desc

 

ここまで書きましたが、猫カフェもまた行ってみたいと思っています。なぜなら、何も気にせず気軽にいろんな猫と触れ合えるからです。こんな猫もいるんだなと勉強になったり、育てるのが大変な子猫とも触れ合えたり、メリットはたくさんあります。飼い猫はいうことを聞かなかったり、いたずらしたり、介護なんかもしなければならなかったり、大変なことはたくさんあります。でもそれ以上に飼い猫は幸せや癒しを返してくれる、家族みたいな存在です。

ちょっと親バカ交じりな記事にもなってしまいましたが、飼い猫の良さをあらためて実感したので、まとめさせていただきました。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

筒見憲介

サイトの管理人です。猫と言ったらとなりねこと言われるように、役に立つコンテンツや面白い連載記事を提供します。