ロシアンブルーの性格、飼い方、価格相場☆グレーの毛並みが優雅な紳士猫♪

グレーの艶やかな毛並の見た目と、賢く飼い主に従順な性格が特徴のロシアンブルー。まるでその姿は紳士♪そんなロシアンブルーの特徴、性格飼い方から購入時の値段相場まで、その魅力をたっぷりご紹介します☆

ロシアンブルーの歴史・特徴

https://wallpaperstock.net/blue-cat-green-eyes-wallpapers_w38302.html

ロシアンブルー誕生の起源ですが、ロシアのアルハンゲリスクという港で自然発生した猫と言われています。そこから経つ事1860年、ロシアからイギリスへ渡った猫はブリーダーの元で交配を行い種を増やして行きました。1875年にはキャットショーに初登場、1900年には「ロシアンブルー」として正式な猫種となったのです♪
第二次世界大戦後頭数を減らしてしまったロシアンブルーですが、シャムとの交配によって復活を遂げました☆ただここで問題が。シュッとしたかっこいい見た目からシャム似のぼてっとした体型になってしまったのです。。この問題は純血のロシアンブルーと交配を行う事で無事解決し、現在のシュッとした見た目にたどり着いたのでした♪
現在では人気猫としてペットショップや猫カフェでもよく見かける事が出来ます♪似た仲間でシャルトリュー、コラットがいますが、ロシアンブルーと合わせて「ブルーキャット御三家」との愛称もついています☆

スポンサーリンク

特徴|サファイアのような蒼い目とツヤのある毛♡

http://purplewalls.com/top-11-russian-blue-cat-images-free-download/

見た目

見た目の特徴でまず1番目立っているのはグレーの艶のある毛です♪見る角度によってグレーの光沢模様が少しずつ変化します。触り心地はシルクの様にサラサラです♪
そして綺麗な毛に合うかのように特徴的なのが、サファイアのようなブルーの目です。
ちなみに「シルバーブルーの被毛、ソリッドパターンで目の色はグリーン」でなければロシアンブルーとして認定を受けることは出来ません。毛と目の色の特徴合わせて初めてロシアンブルーと認められるのです☆

平均体重

オス:4.5~5.5kg、メス:2.5~4kgと平均的な猫に比べて少し小さいです。体つきも全体的にシュッとしています。

平均寿命

平均寿命は11~14歳と、一般的な猫の平均寿命15歳より少し短めとなっています。ただし個体差よりも日々の健康管理が長生きに関わってきますので、日頃から運動不足にならないように健康管理には気をつけてあげましょう☆

性格|ほとんど鳴かないおりこうさん☆

ロシアンブルーは見た目通り、とても賢く飼い主に従順です♪
パートナーに強く懐く傾向があります。同居している家族でも父親には懐くけど母親には懐かない、なんてこともあります。
懐いたパートナーはとても信頼します。常に飼い主の隣に付いているような性格です。

すこしシャイな性格も持ち合わせているため、若干人見知りをすることもあります。普段飼い主になついていても、知らない人が来ると途端に借りてきた猫状態になってしまうことも。鳴き声ですが、ほとんど鳴かないためアパートなどでも非常に買いやすい猫です。運動量は平均的ですので室内飼いの場合には運動不足には注意しましょう☆

猫と2人だけの時間をゆっくり過ごしたいなど、落ち着くパートナーを探している人にはピッタリの性格と言えるでしょう。

飼い方のコツ☆

基本的にロシアンブルーは特別な世話をしなくて良いので、飼うのが非常に楽な猫になります。1点だけ注意点があるのでそこだけ気をつけて飼いましょう☆

夏の暑さには要注意、対策をしよう

ロシアンブルーは元々寒い地域にいたため、冬の寒さには強いですが夏の暑さには弱いです。マンションなどの密室で熱がこもりやすい状態が続いた場合、熱中症になってしまう危険性もあります。帰宅したらぐったりしていた、なんて状況にならないようにしっかりと対策を取りましょう。
涼しい場所を提供してあげることが大事です。エアコンを29度でつけておいてあげたり、玄関の涼しい場所を開放してあげたり快適に過ごせる空間づくりを行いましょう。
クールマットの様な直接涼めるアイテムもあります♪もし涼しい環境を作ってあげられなさそうな場合には↓の様な商品を買うことをおすすめします☆

梅雨明けに注意!暑さに強い猫でもかかる危険な熱中症|原因や対策は?

運動不足・肥満に要注意

少食の場合は問題ありませんが、よく食べる場合には肥満に気を付けましょう。
ロシアンブルーはあまり運動をしないおとなしい性格なので、カロリーをあまり消費しません。その割にご飯を食べる場合には肥満となり、生活習慣病の原因となります。

運動不足解消の為に、飼い主から積極的におもちゃで遊んであげて運動不足を解消させてあげましょう。
また、場合によっては食事で体重をコントロールしてあげることも大事です。

オススメのエサ|運動量は少ないので栄養が取れるように☆

ロシアンブルーの運動量は少なめです。通常のエサでも大丈夫ですがしっかり栄養が取れる餌をあげましょう♪
ただし、運動量が少ない割に食事量が多い場合には肥満に要注意です。肥満にならないようにカロリーコントロール系のエサをあげましょう。

筆者も愛用していておすすめは「ナチュラルチョイス」シリーズ。猫が本来食べる原材料を中心に素材にこだわったエサになっています。
こちらのシリーズは穀物フリーのエサも同じくらいの値段で売っています。さらに健康に気を使って上げたい場合は穀物フリーのエサを選んであげましょう。

今回は上記のエサをおすすめしましたが、もちろん環境や個体差によっても大きく左右されます。アレルギー持ちや肥満体質の場合にはエサでコントロールしてあげましょう。詳しいエサの選び方を↓の記事にもまとめているので参考にしてみてくださいね♪

【保存版】猫におすすめのエサ一覧まとめ☆育ち方・環境別

ロシアンブルーがかかりやすい病気とは?

ロシアンブルーは身体が丈夫と言われています。基本的にはあまり心配はいりません。どちらかというと、肥満を元にした生活習慣病にかかりやすい傾向があります。

尿路結石

水の摂取量、ストレス、生活習慣など、様々な事が原因として考えられます。猫全体としても非常になりやすい病気の1つです。

尿路結石が出来ると血尿と共に激しい痛みを伴い、最悪の場合手術が必要となります。猫自身も尿をすることがトラウマになってしまいます。もし、昔よりおしっこの回数が増えた、おしっこに血が混ざっているなど異変を見つけたら、すぐに動物病院へ診察に行きましょう。

糖尿病

人間でも肥満で起こる糖尿病があるように、猫にも存在します。日頃の食事管理が出来ていない場合リスクが高まります。

糖尿病になってしまうと血糖値の調整がうまく出来ず、様々な器官に害を起こします。最悪の場合、足の切除、昏睡状態、死に至る事もある重い病気です。

予防法はとにかく太らせないこと。食べてしまう猫が悪いのではなく、食事管理をしてあげていない飼い主の責任です。日頃から肥満に気をつけて、適度な運動や食事制限を心がけましょう。

ロシアンブルーの値段、価格相場は?

11~14万円|値段は高めだが安定☆

ロシアンブルー猫の価格相場ですがおよそ11万〜14万あたりとなります。個体差が少ない猫のため、全体的に価格は安定しています。気に入ったらすぐ購入しても大丈夫です♪ペットショップでもたまに見かけることが出来ます。国内にブリーダーはいますが他の猫種のブリーダーに比べて数が少ないため探すのがすこし大変かもしれません。

↓参考|ロシアンブルーの価格一覧

ロシアンブルーの子猫ブリーダー検索

ロシアンブルーの性格を理解し、ベストパートナーと素敵な猫LIFEを♡

一緒に暮らす可愛い猫♡ロシアンブルーは見た目のかっこよさからも人気があります♪家にいるだけでも雰囲気が変わりますよね☆ロシアンブルーを飼いたいなと思っている方は、ぜひこの記事を参考に素敵なベストパートナーを見つけてくださいね♡

スポンサードリンク