ラグドールの性格、飼い方、価格相場♪ぬいぐるみの様な見た目と青い目に癒される保志

メインクーン・ノルウェージャンフォレストキャットと並んで3大巨大猫の1種であるラグドール。ラグドールの意味は「ぬいぐるみ」で、その名の通りモフモフの柔らかい毛が特徴です♪センター分けの模様と青い目もラグドールの可愛い特徴。そんなラグドールの特徴・性格や・飼い方や、価格相場をまとめました。

ラグドールの歴史・特徴

http://photton.info/en/color/white/21287/

ラグドールの起源は1980年代。長毛でありながら気品のあるあたらし新種の猫を作りたいと思い、ブリーダーによって交配されました。白猫、ペルシャ、バーマン、バーミーズなどを雑交配させていき、徐々に今の美しい姿へと整って行ったのです。

ラグドールの特徴

がっちりな大柄な体とカッコ良いたてがみ

ラグドールはがっしりとした体、ライオンのようなたてがみが特徴です。大きさも普通の猫に比べて一回り大きく、場合によっては10キロ以上にまで成長します。長毛種なので見た目にもとても威厳のある猫です♪

モフモフな毛

ラグドールの名前の意味は「ぬいぐるみ」。名前の通り毛並みはモフモフで買いたてのぬいぐるみの様です。長毛種ですが毛は細かく、温かみのある毛並みが特徴です。

センター分けの模様に綺麗な青い目

ラグドールと一目でわかる特徴がセンター分けの模様です。左右均等に模様がついていて可愛さと凛々しさがあります♪
模様に似合う青い目をしています。可愛い模様にクールな青い目で特別感のある見た目を演出しています♪

ラグドールの性格

http://photton.info/color/white/24213/

 

ラグドールの性格は非常に温厚でマイペースです。

雑交配で生まれたため基本的には代々人間に飼われてきました。その為狩りなどもあまりしたことがないため、手を出して引っかいたり攻撃的な一面はほとんどありません。

誰とでも仲良くできる、非常に買いやすい猫です。

ラグドールの値段、価格相場

16~19万円|センター分けの模様によって値段の差も

ラグドールの場合、基本的にペットショップにはあまり流通していません。

レビューなどを参考にネットでブリーダーを探すことをお勧めします。

毛色等にもよりますが、大体160000円〜190000円で購入することができます。ブリーダーの数が少ないことや流通量が少ないことから若干高めの金額となっています。さらにセンター分けの模様の均一さでも値段にばらつきがあります。綺麗に模様が別れている場合は20万円を超える場合もあります。

↓参考|ラグドールの価格一覧

ラグドールの子猫ブリーダー検索

ラグドールの飼い方|エサや触れ合い方

ご飯ですが、ソマリは平均的な食事で構いません。

自分が今飼っているサランくんには↓のエサをあげていました。カロリーコントロールができ、高タンパクなので幼少期にはオススメです。ただ、ここまで高くなくても標準のご飯でも問題ありませんね。シュッとした猫にしたい場合にはオススメです。

※その他環境や飼い方別にエサを選びたい方はコチラ↓

【保存版】猫におすすめのエサ一覧まとめ~育ち方・環境別

飼い方のコツ

基本的には手間のかからないお利口さん

基本的には温厚な性格のためほとんど手間はかかりません。
かまってあげたり、時にはほっといてあげたり、適度な距離感を持ちながら暮らすとよいかもしれません。

長毛種のためグルーミングは必要

長毛猫なので、少なくても3日に1回はグルーミングをしてあげるのがおすすめです。グルーミングを行わないと、毛が絡まってしまい、毛玉をとってあげるのに苦労してしまいます。ふわふわもこもこの毛を維持するためにも継続しましょう。

実際の飼い主の様子

実際に買っている飼い主の様子をいくつかご紹介します♪

https://twitter.com/ZbNNsxWLXXxy5nb/status/834678714797420544

https://twitter.com/Mrgaku16Nov2/status/831153142418923521

責任を持って飼おう!

https://www.pakutaso.com

 

猫と言っても大切な家族、15年くらいは人生を共にします。

安易な考えで飼い始めるのではなく、しっかりと検討した上で最高なパートナーを見つけましょう!

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

筒見憲介

サイトの管理人です。猫と言ったらとなりねこと言われるように、役に立つコンテンツや面白い連載記事を提供します。