【思いやり♡猫バンバン】今年もこの季節がやってきた!猫の静電気にも要注意★

車と冬と猫

寒い日が続くと主に室外で暮らしている猫たちは大丈夫だろうか…どこで暖を取っているんだろう…と心配になったりしませんか?寒い季節、きっと猫たちは暖かい寝床を求めて居るはず。そんな猫たちが事故に遭わないようにするために私たちが行える事があることを皆さんは知っていますか?それが「猫バンバンプロジェクト」です!猫好きさんたちの間では、知っている人も多いこの“猫バンバン”という行動★2015年に自動車会社の「日産」が提唱したことによってさらに数多くの人に知れ渡るようになりました♪車を持っている全ての人に行って欲しい“猫バンバン”とは、どのような行動なのか紹介します★また、寒い日がつづくと猫と人お互いに困ってしまう“静電気”についても、お話しします!まだまだ本格的な寒さにはなっていませんが、寒くなる前に私たちでよく理解して猫の冬支度のために、予防や行動を起こして行きましょう♪

車と冬と猫

http://pin.it/Bft-6t9

「猫バンバンプロジェクト」とは?

猫バンバンプロジェクト

http://www2.nissan.co.jp/SOCIAL/CAMP/NEKOBANBAN/

外が寒くなると猫は暖かい場所を求めます、そんな猫たちが手軽に暖を取れる場所は…実は“車”なんです!夏場の暑い時期、停まっている車の下で涼んでいる猫を見たことはありませんか?そんな風に猫たちにとって車はなじみ深く、危険を感じるような物ではありません。なので冬場になっても車の近くに寄りがち…そして冬場はエンジンが切れた後の車は暖かく、タイヤの隙間やエンジンルームなどにするっと入ってしまうのです。暖かいのでそこで一晩過ごす猫もいます…そのまま朝を迎えて何も知らない車の持ち主がエンジンをかけてしまうと…考えたくもない悲しい事故が起こってしまいます。この事故を未然に防ぐのが“猫バンバン”なんです!

タイヤに猫

http://www2.nissan.co.jp/SOCIAL/CAMP/NEKOBANBAN/

やり方は簡単★車に乗る前にボンネットをバンバンと叩くだけ!そうすると、もしも車の中に猫が居てしまっても、目覚めて出てきてくれます♪時間がある方は、タイヤ回りや車の下を見てあげると◎外で暮らす猫は警戒心が強いので、ボンネットをバンバンするだけでも逃げてくれるそうです!

日産が実施!猫バンバン調査♪

日産は、2月22日猫の日にボンネットをバンバンして、猫が車の周りに居たか、居た場合はどこにいたのかを都道府県とともに調査したそうです♪その結果が以下の表です。

猫バンバン調査

http://www2.nissan.co.jp/SOCIAL/CAMP/NEKOBANBAN/

猫バンバンを実際にやってみて、車の中に猫がいたという人が14%もいるんですね!意外と多い数字に皆さん驚くと思います。また猫が居た場所については、ボンネットの中は少ないことが分かります。ですが、タイヤのそばや上に居る猫が多く、何も知らずにエンジンをかけたら危険なことに間違いはありませんね…。やはり冬の猫にとって車は暖かくて居心地のいい場所となっていることがわかりますね。この調査結果から、改めて猫バンバンの大切さを思い知ることができました★皆さんが行う一手間が猫たちの命を救う大切なプロジェクトです♪

猫バンバンプロジェクト:http://www2.nissan.co.jp/SOCIAL/CAMP/NEKOBANBAN/

スポンサーリンク

人も猫も痛い!!冬の怖い…静電気

静電気猫

https://twitter.com/warosuneko

冬は空気が乾燥して、ドアノブを触るときや電車のつり革を触るときにビリッ!ときて嫌なのが“静電気”ですよね…。予期せぬ時にビリッときて物に触るのも怖くなってしまいます。でもそんな静電気、愛猫との間に起こって困っているという方も多いのでは?特に、長毛種の猫は静電気が起きやすいそうで、いつもの様に撫でているだけなのにビリッとくることも…猫もやっぱり静電気は感じる様で、ビリッとした瞬間にびっくりしていることや、一瞬痛そうな顔をするなどの話しも聞かれます。

静電気猫2

https://twitter.com/fonsiedonnan?lang=ja

猫の静電気の原因は“空気の乾燥”です!冬場は寒いので、暖房器具を使用する機会が多いですよね♪そのため空気が乾燥してしまい、カーペットや毛布などと猫の体毛の間に摩擦がおこり、猫がが帯電してしまいます。そうすると、飼い主さんや金属などに触れることで静電気が起こってしまうのです…冬はただでさえ乾燥しているし、暖房器具を使わないと猫も飼い主さんも寒くなってしまうので使わないのは難しいですよね。飼い主さんも猫も痛い“静電気”を解消するためにはどうしたらいいのか?一工夫するだけで起きないように予防する方法を紹介します★

①「加湿器」で部屋の乾燥をストップ!

加湿器と猫

http://pin.it/IVJLLBu

何度も言っていますが静電気が起こる原因は、乾燥です!静電気は湿度35%以下の所で発生しやすくなり、65%を超えると発生しにくくなり、発生したとしてもバチッ!っと痛い静電気が起きにくいそうです♪でも湿度が多すぎると、結露が出来て窓周りが水浸しになってしまったり、部屋の中でカビが発生したりなど…悪いことも…。静電気が起きないちょうどいい湿度は50%~60%と言われているので、この湿度を守る事が◎

部屋の湿度を保つために一番使われているのが「加湿器」ですよね♪自身の体調ケアや、のどの乾燥防止のために家に加湿器を置いている方も多いはず★空気清浄機に加湿器の機能が備わっている物も最近は多く見かけます!自宅に加湿器がない…という人でも大丈夫です♡洗濯物を室内で干すだけで室内が加湿されるんです!洗濯物が今ない…室内で洗濯物を干すのはちょっと…という方は濡れたタオルをハンガーに掛けて部屋に干せば◎

②湿ったタオルで猫を守る♪

猫とタオル

http://pin.it/4b9h58x

猫と暮らしていて静電気を嫌だなと思う瞬間の一つに「ブラッシング」があると思います!長毛種の猫はブラッシングが日課になっていることも多く、出来なくなってしまうと猫が毛玉に悩むことになってしまいますよね…そんな時は、ブラッシングの前に濡れたタオルで猫の体を拭いてあげましょう♪よく絞ったタオルなら水嫌いな猫でも不快感を感じにくく、ぬるま湯で濡れタオルを作ってあげると猫が寒く感じることもありません★

③ハンドクリームで手を保湿★

猫とハンドクリーム

猫とハンドクリーム

猫に静電気が帯電しているのではなく、飼い主さんに静電気が帯電してしまっている場合もあります!そんな時は飼い主さんの乾燥を防ぐことが必要です♪猫に触る前にハンドクリームを塗りましょう★ハンドクリームは手を保湿してくれるだけではなく、その保湿効果で静電気も防止してくれるんです♡乾燥を防ぐことが大切なので、猫に触れる前に手を洗ったり、ウエットティッシュで手を拭いても効果があるそうです♪

④静電気の起きにくい素材を知ろう♡

猫と毛布

http://pin.it/EsDYgrQ

猫が使うものを静電気が起きにくい素材に変えることもいいですね★静電気が起きにくいと言われている素材は、綿や毛(羊毛)です♪でも、お手頃価格であたたかい、フリースなどのポリエステル素材も全く使わなくすることは難しいですよね…そんな時は、柔軟剤を使用して洗濯すると◎柔軟剤には布を柔らかくするリンス効果があり静電気を起こりにくくしてくれるそうです♡

幸せ猫

http://pin.it/r4Rcre9

“猫バンバン”と“静電気対策”どちらも猫と人が幸せに暮らせるために知っておきたい冬支度ですよね♪猫と人が快適に暮らせるだけでなく、一緒にいたらお互いが幸せになれる♡そんな冬になるための一工夫♪これからも続けていきたいですね♡

スポンサードリンク
車と冬と猫