【体験談】システムトイレ用の猫砂「パインウッド」のリアルなレビューとは?

パインウッド

システムトイレを使っている猫飼いさんの中には、どんなトイレ砂がおすすめなんだろうと疑問を持っている方もいるのでは?
猫砂はさまざまな材質があるからこそ、どんなものを選んだらいいのかわからなくなってしまいますよね。
そこで今回は我が家の体験を踏まえて「パインウッド」という猫砂のメリットやデメリットをご説明いたしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

「パインウッド」ってどんな猫砂なの?

パインウッド

https://www.shopping-charm.jp

パインウッドは森林資源をリサイクルして作られている、木材の猫砂です。
松の樹木を使ってつくられているパインウッドは、他の木材の猫砂よりもちょっぴり大きめな形をしているのが特徴。

木材の猫砂はおしっこを吸収すると粉々に砕けてトイレの下に落ちる仕組みになっています。
ですから、システムトイレではなく普通の猫用トイレの場合は使うことができないので注意が必要です。
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B9%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%95%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%9A%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%80%E3%82%AF%E3%83%88-%E7%8C%AB%E7%A0%82-%E3%83%91%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%A6%E3%83%83%E3%83%89-4%E8%A2%8B%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88/dp/B002DY13V6

スポンサーリンク

パインウッドを使ってみて感じたメリットとは?

ジャーマンレックス

http://tetoan.com/

それではこれから実際に我が家でパインウッドを使ってみた感じたメリットやデメリットをまとめていきたいと思います。
ただし、あくまでも個人の感想なのですべての猫ちゃんがそうと言い切れない場合がありますので、ご理解いただけるとありがたいです。

1.おしっこのにおいが全くしない

我が家は洗面所に猫のトイレを設置しています。
パインウッドを使う前までは、鉱物系の猫砂を使っていたのですが消臭力があまりなくておしっこの直後に洗面所がくさいというのが地味に悩みの種でした。

そんなとき、木材タイプの猫砂は消臭効果が高いということを知り、パインウッドを購入。すると、おしっこをした直後でも洗面所がまったくくさくなくなり、消臭力の高さを感じました。

2.猫砂の飛び散りが減った

猫飼いさんがイヤだなと思ってしまいやすいのが、猫砂の飛び散りなのではないでしょうか。
我が家でも、鉱物系の猫砂を使っていたときは毎朝起きたらトイレ前に猫砂が飛び散っていたのがとてもストレスでした。
特に、時間のない朝は掃除をする暇がなく、そのまま出かけてしまうと帰宅した時には部屋中のあちこちに猫砂が散乱しているということもありました。

しかし、パインウッドはひとつひとつの砂が他の猫砂よりも大きめな形をしているのであまり飛び散らないというメリットを感じられました。
もちろん多少の飛び散りはやはりありましたが、鉱物系の砂や紙の砂とは比べものにならないほどの少なさだったで、掃除の手間が省けたことがありがたかったです。

さらに、砂が大きめなので飛び散っていても掃除がしやすいというのも私の中ではとてもありがたいポイントでした。
部屋の中に飛び散ってしまっても見つけやすいので、知らずに猫砂を踏んでしまって痛い思いをする…なんていう悩みからも解放されたのが嬉しかったです。

3.トイレに流せる

パインウッドは水分を吸収すると、おからのようにほぐれる性質を持っているのでトイレに流すこともできます。

猫のトイレ掃除は固まる砂だと捨てに行くのが面倒に思ってしまって憂鬱になりがちだったのですが、トイレに流せるという手軽さのおかげでこまめに掃除を行えるようになりました。

ただし、浄化水が設置されているご家庭は地域によっては流してはダメな場合もあるので一度業者の方に聞いてから流すようにするのがいいかもしれません。

パインウッドを使ってみて感じたデメリットとは?

猫トイレ

1.コスパがよくない

パインウッドの前に、「花王のニャンとも清潔」という木材タイプの猫砂を使う機会があったのですが、その時に感じたのがシステムトイレ用の猫砂はコスパがよくないということ。

多頭飼いの我が家はニャンとも清潔だと猫砂代が高くなりすぎてしまうと感じ、パインウッドに変更をしたのです。

パインウッドは他のシステムトイレ用の猫砂と比べると価格が安い方なのですが、やはり普通の猫砂よりもコスパがかかってしまうのがデメリットだと思いました。

2.通販でしか手に入れられない

私の住んでいる地域が田舎なせいもあるかもしれませんが、パインウッドは近所の薬局やペットショップなどで売られていないので、購入するときはいつも通販で買わなければいけないのもデメリットのひとつだと感じました。

身近で手に入れられないため、たまにうっかりしてしまって猫砂を買うのが遅れてしまうと焦りはピークに。

性能は素晴らしい猫砂だからこそ、もっと身近なお店で手軽に購入できるようになれば、急なときにも使えるのになあとがっかりしてしまいます。

3.落ちた砂の掃除に手間がかかる

パインウッドを使うときは、システムトイレのトレイの部分にペットシーツを敷いて粉々になった猫砂を受けていたのですが、その掃除に手間を感じてしまうことも少なくありませんでした。

1匹のうちはそれほどおしっこも多くなく、1週間に1回シーツを交換すればよかったのですが、猫の数が増えていくとシーツの溜まる粉が増えて、週2~3回程度交換をしなければならないことは多頭飼いにとってはデメリットに。

さらに、水分を吸収したパインウッドはまるで粉のようにしっかりとバラバラになるので、こぼれてしまったときの掃除が大変だというデメリットもありました。

コスパで納得できるならパインウッドはおすすめ★

猫トイレ

https://nekogazou.com/

さまざまなデメリットはありますが、パインウッドは我が家の猫にも好まれやすい猫砂でしたし、飼い主的にも消臭効果が高くて満足できる猫砂でした。

コスパ面や手間の多さに納得できるのであれば、多頭飼いさんでも満足して使える猫砂だと思うので、気になる方はぜひ一度試してみてくださいね!


楽天はこちら

スポンサードリンク
パインウッド