誰でも出来る簡単猫のボランティア☆「バケボラ(パケボラ)」って何?シェアでボランティアも出来る♪

みなさんの普段の行動にボランティアをプラス出来る「バケボラ」を知ってますか?
バケボラ(パケボラと呼ばれる場合も)とは「バゲージ・ボランティア(パッケージ・ボランティア)」の略で、飛行機や車での移動を介した動物輸送のボランティアになります。猫保護活動の現状をお伝えした上で、バケボラの仕組みや参加方法をまとめました。記事をシェアするだけ立派なボランティアにつながるかも♪

バケボラとは?命を結ぶボランティア

http://stockphoto.bex.jp/building/92/

バケボラとはバゲージ・ボランティアの略です。動物輸送の手助けを行うボランティアです。
どんな時に活躍するのかと言うと、例えば里親募集で遠方同士の人がマッチングした時などです。
動物は「貨物」扱いとなる為、空輸や陸送で送ることが可能です。しかし費用は数万円程度もかかってしまいます。せっかく里親とマッチング出来ても、物理的な距離によって可能性を絶たれてしまう場合があるのです。。
そうなると里親募集は必然的に保護主の周辺でしか行うことができず、結果マッチングの可能性が低くなります。物理的距離の為だけに、大きな機会損失へとつながってしまうのです。。
※里親募集がうまくいっていない現実は、下記にまとめております。

野良猫にエサをあげると言うことは猫を殺すと言うこと

そんな時に役立つのがバケボラです♪
出張や旅行などで長距離移動を行うことはあると思います。
飛行機に乗る時には手荷物として、車の場合には荷物と一緒に動物を輸送してもらいます。移動のついでに輸送してもらうだけで、空輸や陸送の金額を大幅に抑えることができます☆結果、里親との機会損失を減らすことに貢献できるのです!
バケボラの活動自体あまり知られていませんが、1人1人の活動で無駄な命が救われるかもしれない素晴らしい活動です。そしてバケボラ参加者には費用や負担は一切かからない為、誰でも無理なくできるボランティアです。

スポンサーリンク

バケボラを行うには

では、実際にバケボラがどのように行われるのか1例をご紹介します!

空輸の場合

  1. まず最初に飛行機に乗るボランティアの人と、動物を輸送したい動物保護者の方のマッチングを行います。マッチングはこちらのFacebookグループで活発に行われています。(覗いてみてください♪)
    Facebookバケボラグループ
  2. マッチングしたらお互い連絡を取ります。詳細の予定と預かり、受け渡しの段取りを説明してもらいます。
  3. 当日、出発の空港で待ち合わせを行い空港内で動物を預かります。そのまま手荷物として預けます。
  4. 到着後、到着ロビーで動物を受け取り、到着空港側にいる担当者に動物を引き渡しておしまい。

ボランティア参加者は動物を預かって輸送のお手伝いをするだけ。誰でも簡単にできるんです♪

「バケボラしてる」ってカッコよくない?旅行するなら当たり前に行う文化にしたい

http://girlydrop.com/girls/1133

飛行機に乗って旅行に行くときは、バケボラしよう。
車でドライブするならバケボラの動物と一緒に楽しもう。
バケボラしたらSNSで自慢しよう
バケボラするってカッコ良い。

移動の時にはバケボラ。バケボラが当たり前になる文化が形成できれば良いですね♪動物が飼えない方も、バケボラを通じて、動物の命を救うことに貢献できるのです♪

バケボラに参加しよう!バケボラをシェアしよう!

早速興味を持った方は下記グループを覗いてみましょう。バケボラがどのように行われているか雰囲気を味わうことができます。ぜひ参加をしたいと思った方は参加してみてくださいね♪

Facebookバケボラグループを見る

まだ踏み出せない方も。シェアしてバケボラ認知に協力する事がボランティアの第1歩!

バケボラの活動自体認知度が低く、言葉自体知られていません。
まだ参加に抵抗がある人は、まずはバケボラを広める事でボランティアに貢献して見ませんか?あなたの1シェアも立派なボランティアです!ぜひご協力をお願いいたします。

 

バケボラ以外でも「猫の里親」になる事でも貢献ができます。猫を飼いたいと思っている方は、購入する前に里親になることも考えて見てはいかがでしょうか。

里親募集を行っているサイトまとめ〜殺処分0を目指して里親と言う選択肢〜

※ボランティアに対するシェアを推奨しておりますが、サイトの仕組み上広告を外すことが難しく表示されてしまっております。あくまでバケボラ普及に関わりたいことが目的ですので、ご了承いただければと思います。(広告は無視してください。)
※「いばらきのシッポの幸せの会」横山様監修の元執筆致しました。この度は執筆にご協力いただきありがとうございました。

スポンサードリンク