【季節の変わり目に注意】しっかり知ろう猫の脱毛★

猫の脱毛

春から夏にかけて、猫はたくさん毛が抜けますよね!皆さんはどのようにケアしていますか?猫にはアンダーコートと呼ばれる毛があって、この毛をうまく処理してあげないと毛玉が出来てしまったりするんです★この毛が抜ける時期は、年に2回で春から夏にかけての時期と、秋から冬にかけてのいわゆる“季節の変わり目”です。うまくケアしてあげないと蒸れてしまって部分的な抜け毛や、脱毛症などになってしまうことも…。この夏の時期には意外と猫の脱毛症に悩んでいる方が多いんです!猫の抜け毛はどこの部分が抜けているかを知ることが大切です。

猫の脱毛

http://pin.it/84nyrUw

●顔の脱毛は「皮膚糸状菌症」かも…

「皮膚糸状菌症」は、あまり聞き慣れない名前ですよね。皮膚糸状菌症とは、皮膚糸状菌というカビ菌によって起こる脱毛のことです。簡単に言うと皮膚にカビが生えてしまう病気です。皮膚に脱毛や、かさぶたなどの症状が起こります。子猫や免疫力が低下している猫がなりやすいそうです。皮膚糸状菌症はすでに感染している動物からもらうことがあります。なので予防策として、多頭飼いしている方は、1匹がかかってしまったらその子を隔離してあげましょう。日頃から猫の体に毛玉やふけ、かさぶたなどがないか見てあげて、室内の清潔を保つようにすると予防になります。

http://mogupet.com/blog/929/

http://mogupet.com/blog/929/

スポンサーリンク

●耳の脱毛は「耳ダニ症」かも…

「耳ダニ症」は、耳がかゆくて頭を何度もかくことで出来る脱毛です。かゆみが強いため、かくだけではなく耳を物にぶつけたりするしぐさも見られます。耳ダニ症は、接触感染しますので、他の猫と感染する機会のある屋外へ出かける猫がなりやすいです。予防策としては、完全室内飼いにして外に出さないことがいいです。それが難しい場合は、耳ダニ予防の治療薬を利用するといいでしょう。

猫耳脱毛

http://thaineko.blog.fc2.com

●首まわりの脱毛は「首輪脱毛」かも…

「首輪脱毛」は、その名の通り、首輪の締め付けのせいで摩擦が起きて、首輪の所だけが脱毛してしまう症状です。首輪自体はゆるめに付けているのに、首輪が気になって猫がかいてしまうことで、脱毛してしまうことも。首輪の素材が肌に合わずに炎症を起こしてしまっていることもありますので、首輪の交換をまず考えましょう!一番の予防は首輪を付けないことですが、災害が起きたときなどは首輪があった方が◎ 猫にあった首輪を見つけてあげて下さい♪

●下腹部や内股の脱毛は「過剰グルーミング」かも…

「過剰グルーミング」は、グルーミングをしすぎてしまって、小さなハゲから下腹部全体にかかる大きなハゲを引き起こしてしまうことです。皮膚になにかしらのトラブルがあり、気になってグルーミングし続けてしまうことによるものと、皮膚自体には何も問題がないのにグルーミングし続けてしまうものがあります。皮膚にトラブルがある場合は、トラブルを取り除いてあげればすむのですが…何もないの場合は“ストレス”が原因のときがあります。引っ越しなどをして新しい環境に慣れない、多頭飼い生活が始まり従来の生活が過ごせなくなってしまったなど、思わぬことで猫にストレスがかかっていることも…。常に心地よく過ごしているか見てあげるのも予防策の1つです★

http://pin.it/OHvgNkB

http://pin.it/OHvgNkB

さまざまな脱毛について紹介してきましたが、実際に一緒に猫が脱毛症になってしまった場合は、大丈夫と過信せずに少しでも不安を感じたら、病院に行くことをおすすめします◎

スポンサードリンク
猫の脱毛