世界最小の猫種もご紹介♡愛らしすぎる小型猫9選☆

クロアシネコ

猫好きさんの中にはノルウェージャンフォレストキャットやメインクーンなどの大型な猫よりも、かわいくて華奢なイメージのある小型猫に惹かれるという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、そんな方のためにキュートな小型猫種を一挙紹介しちゃいます♡
ぜひこれを機に、今まで知らなかったマイナーな猫種についても詳しくなっちゃいましょうね♪

猫好きの心をキュンとさせるキュートな小型猫種9選

1.シンガプーラ

シンガプーラ

http://pet-nara.com/

シンガポールの下水溝(ドレイン)で生活していたシンガプーラは長い間、世界最小の猫と呼ばれていることでも有名だった猫種です。
下水溝でネズミを捕りながら生活していたこともあり、シンガポールでは別名「ドレインキャット」とも呼ばれています。
さらには、成猫になってもあまり大きくならないことから「小さな妖精」といわれることもあるそうです★

そんなシンガプーラの平均体重はオスで2.7kg~3.5kg、メスで2.2kg~3.0kgと平均的な猫種よりもはるかに軽いのが特徴。

シンガプーラは性格も愛らしく、ネズミを借りながら生活していただけあって好奇心旺盛で飼い主さんと遊ぶのが大好きなので、遊びを通しながらスキンシップを図ることもできます♡

しかし、ちょっぴり神経質な一面もあり、環境の変化に強いストレスを感じてしまうことも…。
他の猫と仲良くできない子もいるので、できるだけ多頭飼いは避けるようにしましょう♡

また、寒さに弱い猫種でもあるので気温が低くなる冬場は、暖房を入れてあげたり、ゆたんぽで体温を上げるなどの対策をとってあげるのも大切です*

シンガプーラの性格、飼い方、価格相場☆まるで妖精みたいな世界最小の猫♪

2. スキフトイボブテイル

長年世界最小と呼ばれていたシンガプーラを上回るほど小柄なのが、スキフトイボブテイルという猫種。

スキフトイボブテイルは、家庭で飼育できる猫種の中で最も小さいことが最大の特徴です★
スキフトイボブテイルは2011年に世界最小の猫種として認められましたが、正式に公認されてからまだ日が浅いため、あまり知名度が高くないマイナーな猫種でもあります★

そんなスキフトイボブテイルの平均体重は成猫になっても、オスで2kg、メスの場合は1.7kg程度であるそう。
また、とても珍しい猫種なので、購入価格は500万円程度になることもあるそうです★

そして、スキフトイボブテイルは環境になじむのが早く、人間好きな性格をしているのも魅力のひとつ*
何が起きても物怖じしない勇敢な一面もあるので、環境の変化にも早く慣れることができます。

しかし、飼い主さんへの依存心がちょっぴり強い子も多く、お留守番の時間が長くなるとストレスを抱えてしまう場合もあるので気を付けましょうね♡

スキフトボブテイルの性格、飼い方、価格相場☆猫好きの心をくすぐる小さなシャム猫

3. ミヌエット(ナポレオン)

ミヌエットは1996年、バセットハウンドのブリーダーの「ジョセフ・B・スミス」がマンチカンとペルシャ、ヒマラヤン、エキゾチックショートヘアなどを交配させながら15年の月日をかけて生み出した猫種です★

そのため、マンチカンのように短い脚とペルシャのように美しい被毛を持っているのが特徴。
また、ミヌエットは2015年に入り「ナポレオン」という名前から現在の「ミヌエットという名称に変更されました♡

そんなミヌエットの平均体重は、オスで3.0kg~4.0kg、メスの場合は2.3kg~3.4kg程度であるそう★
2種類の猫種の血がはいっているからこそ、性格もマンチカンのように好奇心旺盛で、ペルシャのように飼い主さんに従順です。

しかし、ちょっぴりマイペースな一面もあるので必要以上に抱っこをすると強いストレスを感じてしまうこと。

さらに、ミヌエットは小さい体をしていますが、意外に筋肉質なので油断をすると肥満体型になってしまう恐れも。
だからこそ、飼育する際は運動量を増やしてあげられるような環境作りもしていきましょう♡

ミヌエット(ナポレオン)の性格、飼い方、価格相場☆短足が可愛い猫の良いとこ取り♡

4. ラムキン

ラムキン

https://ssl.al-network.co.jp/

ラムキンは、マンチカンとセルカーレックスを交配して誕生した猫種です*
見た目は、マンチカンのような短い脚と、セルカーレックス譲りの巻き毛を併せ持っていることから「子羊」という意味をこめて、ラムキンと呼ばれるようになりました。

気になる平均体重は1.8kg~4.1kg程度と小柄で、小型猫種専門の公認機関でもあるTDCAの認定も受けています。

そんなラムキンは、明るくて穏やかな性格をしているのも特徴♪
必要以上に鳴くこともないので、アパートなどの集合住宅でも飼いやすい猫種となっています*

ただし、まだまだ歴史の浅い猫なので遺伝病や平均寿命などがしっかりと分かっていないというのが現状なので、飼育したいと思っている方はブリーダーさんなどに詳しい説明を聞くことが大切になってきます♡

5. ドウェルフ

ドウェルフ

http://cat-guide.net/

ドウェルフは、アメリカで生み出されたダックスフンドのような猫種です。
マンチカンやスフィンクス、アメリカンカールなどを交配させて誕生したドウェルフは、
無毛なのも特徴*

そんな見た目をしているドウェルフは、あの有名映画「E.T.」の中に登場する宇宙人、E.Tのモデルになったともいわれています。

ドウェルフの平均体重はおよそ2kg~3kg程度といわれており、平均的な猫種よりもちょっぴり小さめ。

また、ドウェルフは個性的な見た目からは想像できないほど、とても人懐っこいというチャームポイントも持ち和せています*
飼い主さんに対して深い愛情を示してくれ、遊びを通しながらスキンシップを図ることも可能♪

ただし、ドウェルフはスフィンクスと同じように体に皮脂が溜まりやすいので、週1回程度はシャンプーなどで体を清潔にしてあげましょう★
そして、被毛がない肌は夏の日差しや冬の寒さ弱いので、紫外線対策をしっかりとさせ、冬は服を着せてあげるなどして体調を崩さないように注意してあげましょうね♪

6. スクークム

スクークム

http://xn--n8jvb9as2n4702b.com/

スクークムは1996年にアメリカの「ロイ・ガルーシャ」がマンチカンとラパーマを交配させて誕生した猫種です*
そのため、見た目はマンチカンの短い脚とラパーマの巻き毛を受け継いでいるのが特徴。

スクークムは希少価値が高い猫種を登録するRERFに認められていますが、産まれてくる子にカールがなかたり、足が長かったりと不安定な個体が誕生しているのも事実です*

そのため、世界的に有名な血統書登録機関からはまだ正式な猫種として認められていないという現状も。
平均体重も1.5kg~3.2kgと、個体によってやや差があるのもスクークムならではです。

そんなスクークムの性格は、とても友好的なのでお子さんがいる家庭でも飼いやすく、多頭飼いにも向いているそうです★
しかし、足が短いからこそ負担がかかりすぎるとヘルニアになってしまうこともあるので、普段から愛猫の歩き方がおかしくないかをきちんとチェックしておきましょう♪

7.クロアシネコ

クロアシネコ

https://www.rankingshare.jp/

クロアシネコは南アフリカ共和国やナミビア、ボツワナ、そしてジンバブエに存在する世界最小の猫種です。
しかし、絶滅危惧種として認定されているので家庭で飼育することはできません*

世界最小といわれるクロアシネコの平均体重はオスで1.9kg、メスの場合は1.6kg程度。
見た目は、前の通り、真っ黒な足の裏をしており、体には大きな斑点模様を持っています*

しかし、かわいらしい見た目とは違い、意外にワイルドな一面も持っているのがクロアシネコの特徴。
普段、穴の中に住んでいるクロアシネコは命の危険を感じると、時にはキリンの頸動脈を狙って襲い掛かることもあるそうです!

また、小さな体の割に大食いなのもクロアシネコならでは。
エネルギーの消費量が多いので、1晩で250gもの肉をたいらげてしまうそうです★

そんなクロアシネコは、アメリカにある「フィラデルフィア動物園」で見ることができるので、ぜひ気になった方は間近で世界最小のハンターをたっぷりと堪能してみてくださいね♡

8. トンキニーズ

トンキニーズ

http://animo-animal.jp/

トンキニーズは誕生の歴史が正確に分かっていないミステリアスな猫種。
1800年代にキャットショーに出場したシャムが始まりだという説や、1930年代に猫愛好家のアメリカ軍人、ジョセフ・トンプソンが、ミャンマーから持ち帰った猫がもとになったという説があるそう。

しかし、1950年代にカナダやアメリカのブリーダーがシャムとバーミーズを交配させて誕生させたという記録が唯一残っていることから、現在では。それがトンキニーズ誕生のきっかけだったとされています。

そんなトンキニーズの平均体重はオスで3.5kg~5.8kg、メスの場合は2.8kg~3.8kg程度。性格はシャム譲りの活発さと、バーミーズらしい適応能力の高さが特徴です♡

また、ちょっぴり寂しがり屋な一面もあるので、飼い主さんがあまりにも構ってあげないとストレスを抱えてしまうことも。
そして、好奇心が旺盛すぎて脱走を試みようをする子もいるので、飼育時にはドアや窓を開けっ放しにしないように注意しましょうね!

トンキニーズの性格、飼い方、価格相場

9. ハバナブラウン

ハバナブラウン

http://peco-japan.com/

ハバナブラウンは、1890年にチョコレートポイントを持つシャムと、栗褐色の黒猫を交配さえて誕生した猫種。
しかし、ブルーではなくグリーンの瞳を持っていることや、単色な被毛に人気が出ず、一時は繁殖を止められたこともあったそうです*

そんなハバナブラウンの平均体重はオスで3.6kg~4.7kg、メスの場合は2.6kg~3.8kg程度で、平均的な猫種よりも少し小さめの体つきになっています。

また、性格がかわいらしいのもハバナブラウンならではの魅力♡
シャムのように人懐っこい性格をしているので、飼い主さんのしつけにもきちんと従ってくれます。
さらに、頭も賢いので、中には犬のように芸を覚える子もいるそうです♡

ただし、好奇心が旺盛な性格をしているからこそ、運動できるスペースが確保できないとストレスを感じてしまう場合も少なくありません*
ですから、飼育したいと思ったら、キャットタワーなどを用意して運動量を増やしてあげられるようにしましょうね!

スポンサーリンク

小さくてかわいい小型猫種の魅力を味わおう♪

シャム子猫
平均的な猫よりも小さい小型猫種は、大型猫にはない魅力も満載♡
小型猫の中には日本ではなかなかお目にかかれないマイナーな猫種も多いからこそ、ぜひこれを機にマイナーな猫種についての知識を深めて、猫愛をより高めていきましょう♡

クロアシネコ