【猛暑注意!】うちの愛猫は水を飲んでる?猫にきちんと水を飲んでもらう方法♪

暑そうな猫

ここ最近、夜中に目を覚ましてしまうぐらい蒸し暑い日が続いていますね。梅雨明けはまだ発表されていないですが30℃を超える日も多く、体調管理には気をつけなくてはいけません。それは猫たちも一緒で、このただ暑いだけではなく湿気が強い時期は体調を崩しやすいんです。我が家の猫たちもちょうど毛が抜ける時期に梅雨がかさなっていて、いつも以上にグルーミングをしていたり、エアコンはどうも苦手のようでエアコンの部屋にはいないのですが…だからといってほかの部屋はとても暑いようで暑い部屋の中の涼しい場所を探すのにとても苦戦しているようです。猫たちの中には、もともとあまり水を進んで飲まない子もいて、この時期は特に猫が水をきちんと飲んでいるかチェックするようにしています!ごはんがない時は「ニャーニャー」と催促してくるのですが、水が飲みたくても催促してこないのが困ったところですよね…みなさんの愛猫たちはきちんと水を飲んでいますか?猫はめんどくさいと思うと水を飲まないことがあるんですよ。うちの猫たちは夏は特に冷たいフローロングの上から、全く動こうとしません…。もともと猫はあまり水を飲まない動物ですが、この時期に水を飲まない事は大変危険です!今からきちんと猫が水を飲んでいるかのチェックを始めましょう♪

にっくん

お水って不思議だにゃ〜

猫にとって水はとても大切なもの♪

暑そうな猫

https://tonarineko.com/wp-admin/post.php?post=7979&action=edit

もともと猫は犬に比べてあまり水を飲まない動物です。それは先祖のリビアヤマネコが砂漠に住んでいたからです。砂漠には水が少ないので水をあまり飲まなくても生きていける体の機能になったと言われています。なので、猫は水分を体内からあまり出さないようにしているため、おしっこは濃く臭いんです。そのこともあって、猫は泌尿器の病気にかかりやすいとも言われていますね。なので、猫に取って水はとても大事なものなんです!我が家の猫もなのですが、水飲み場にいったと思ったらずっと水を見つめてなかなか飲み始めなかったり、手で水面を触って遊んで飲まなかったり、ぺろぺろしていると思ったら容器の端だったり!よく見ると水を飲んでないことが多いんです…。今の時期は特に水を飲んでいるかは注意して確認したいところです。

スポンサーリンク

猫に水を飲んでもらう方法♪

新鮮な水を用意する!

猫が水道の蛇口の水を飲んでいる動画がかわいいと評判になったことは記憶に新しいですよね♪あれからもわかるように、猫は新鮮な水が好きなんです☆なので、水を置いといて飲まないときは新しい水に替えてあげると飲んでくれることもあります!また、多頭飼いをしている家は他の猫や犬の唾液が水に入っているだけで、飲むのが嫌がることがあるので、飼っている頭数分、水飲み場を設置してあげることもいいと思います♡また、いつでも新鮮な水が出てくる循環式給水器もいろんな種類が発売されていますので、容器の1つをコレにかえてあげるのも◎

amazonで見る

水飲み容器をかえてみよう!

猫は神経質で警戒心が強いので水を飲んでくれなのは、容器が気に入らないからなのかもしれません。以前ガラスの透き通った容器に水を入れて与えていたら、太陽の光が当たるとキラキラ光ってしまってそれが気になるらしく怖がって全く水を飲んでくれない時がありました。今は、陶器、ガラス、ステンレス、セラミックなど様々ありますし、猫によっても好き嫌いがありますので、水を入れる容器の材質は猫が気に入るものを見つけてあげましょう♪また、ひげに水が当たることを嫌がる猫も居るので、ひげに水が当たらない深さや容器のふちが広いものを選ぶことも重要なポイントです♡

いろんなタイプの水を用意して好みを知ろう!

みずくれ

https://tonarineko.com/wp-admin/post.php?post=7979&action=edit

じつは、猫は水の種類にも好みがあるようです。水道水はカルキ臭くて飲んでくれない場合もあるので、一度沸騰させて冷ましてカルキ臭を抜いてあげましょう。また、冷たすぎる水を嫌がる場合もあるのでぬるま湯をあげるのもいいです♪ですが、猫が飲んではいけない水も存在するので知っておいて下さい。ミネラルウォーターはあげても大丈夫ですが、多くのミネラルを含んでいる硬水はあげてはいけません。とりのささみなどをゆでたゆで汁が好きな猫も多いですが、塩分がたくさん入ったゆで汁はあげてはいけませんので注意して下さい☆

水を置く場所を考えてみよう!

皆さんは猫の水飲み場はどこに設置していますか?前述で複数の水飲み場をつくといいと書きましたが、置く場所にもきちんと気を配る必要があります。基本的には食事を食べるご飯置き場のとなりに水飲み場を設置するのが食事のついでに水を飲むことが出来るので◎そのほかの水飲み場は、猫のよく行く場所やお気に入りの場所に設置してあげましょう♪そして、やってはいけないのはトイレのそばに水飲み場を設置することです。ニオイを気にして水を飲んでくれなくなってしまうので注意しましょう!

水分はフードでも摂取できる!

食べる猫

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/hafuhafu9V9A9746_TP_V.jpg

水分を摂取させると考えると、「水を飲ませなきゃ!」という気持ちになりがちですが、水分はフードからも取る事ができるんですよ♪ウエットフードは見てわかるように、水分がたくさん含まれています!それに、ウエットフードが好きな猫はたくさん居ますよね♡普段ウエットフードを食べてない猫は、いつも食べているご飯+ウエットフードにすることで抵抗なく食べてくれると思います☆また、ウエットフードに含まれている水分の割合は75~80%だそうなので、ウェットフードと水をあげることで水分の摂取率はさらにあがりますね♡

猫と水との関わりはとても密接で、飼い主が注意してあげて見ていないといけない問題でもあります!めんどくさがって飲まなかったり、飲んでいると思っていたら飲んでいなかったり…猫は脱水症状を起こしていても自ら水を飲まないこともあるそうです…水を飲まないのはのどが渇いていないからと考えるのはやめて、水を飲んでないな?と思ったら飲んでくれるように工夫をしてあげましょう♪

スポンサードリンク
暑そうな猫