見た目も可愛い♡猫のストレス発散おもちゃ「けりぐるみ」の特徴&レビューを紹介♪

室内飼いの猫が多いイマドキは、猫のメンタルケアも大切*
思う存分、じゃれながらストレスを解消させられると粗相などの問題行動も少なくなります。
今回は猫がじゃれながらストレス解消できると話題の「けりぐるみ」の特徴やレビューをまとめてみましたので、ぜひチェックしてみてくださいね★

ペティオ (Petio) から発売中の「けりぐるみ」の特徴とは?

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%9A%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%AA-Petio-%E3%81%91%E3%82%8A%E3%81%90%E3%82%8B%E3%81%BF-%E3%82%A8%E3%83%93/dp/B003JY7GTC

猫飼いさんの中には「そもそもけりぐるみってなに?」と思っている方もいるのでは?
けりぐるみは、猫が抱え込みながらキックができるぬいぐるみのことです。

愛猫に手を抱えこまれてキックをされるのが痛いと思っている飼い主さんは意外に多いのではなのでしょうか。
そんな痛みとさよならできて、猫にストレスを解消させられるのがけりぐるみの特徴。
特に、毎日は愛猫のキックや噛みつき癖に付き合えない…と思っている方にとっては強い味方になってくれるはずです。

また、ペティオから発売中のけりぐるみは中にまたたびが仕込んであるのも嬉しいポイント♪
大好きなまたたびにつられると、けりぐるみ初チャレンジだという子も興味が湧きやすいはずです。

amazonはこちら

スポンサーリンク

けりぐるみを実際に使って感じたメリットとは?

https://www.pakutaso.com/20170150020post-10075.html

ではこれから実際に、我が家の3匹の猫にけりぐるみを使ってもらって感じたメリットやデメリットをいくつかまとめてみたいと思います★
ただし、猫によって個体差がありますので、あくまでも我が家の場合でのレビューだということをご理解いただければ幸いです。

手や足にじゃれつく頻度が減った

我が家で飼っているキジトラのコタロウは、人の手や足にじゃれつくのが好きなことが悩みの種でした。
特に遊びモードのときは、歩いているだけでも足にじゃれられて痛い思いをすることも…。

そこで、我が家ではじゃれたそうにしているときにこのけりぐるみを渡してみることにしました。
すると、手や足への興味を薄れさせ、好奇心をけりぐるみの方へ持っていくことに成功!
おかげで、私の手や足に傷がつく頻度が減ったことがありがたかったです。

じゃれられても忙しいとあまり相手ができないと、愛猫に対して申し訳ない気持ちになってしまうことも猫飼いさんならあるかと思います。
そんあちょっとした隙間時間にもひとり遊びをさせてあげられるのが、このけりぐるみの良いところだと感じました。

見た目がかわいい♡

猫用のけりぐるみは様々なメーカーから発売されていますが、私がペティオのものを購入しようと思ったのは見た目にかわいさを感じたからです。
ペティオのけりぐるみはエビ、サメ、インコなどといったユニークな見た目をしているのも特徴。

せっかくそろえる猫用おもちゃなら、飼い主さんだって目で楽しみたいものですよね★
ペティオのコミカルなけりぐるみは、そんな愛猫家の心をうまく掴んでいます。

我が家ではエビを購入したのですが、猫がエビを抱えている姿を見るたびにちょっぴり微笑ましい気持ちにもなれました。

けりぐるみを実際に使って感じたデメリットとは?

https://www.pakutaso.com/20170148020post-10074.html

興味を持たない場合も

我が家ではコタロウはけりぐるみで遊んでくれたのですが、他の2匹はどれだけ遊ばせようとしてもまったく興味を持たないのが残念でした。
他のおもちゃのようにじゃれながら遊べるものではないため、猫によってはまったく使用してくれない可能性があります。

また、我が家で購入したエビは中間サイズであったため、生後4ヶ月の子猫が遊ぶにはちょっぴり大きすぎるなと感じました。
ペティオのけりぐるみはエビやサメ、インコなどではサイズが違ってくるので、購入するときは愛猫の体格を含めながら検討していくことも大切だと思います。

すぐに飽きられてしまった…

けりぐるみには猫じゃらしのように、猫の狩猟本能を刺激する要素がありません。
そのため、我が家で唯一使ってくれたコタロウも1週間ほど経つと飽きてしまったようで、まったく使わなくなってしまいました。

また、少し使っただけなのにけりぐるみが毛まみれになってしまうのも欠点のように感じます。
けりぐるみは蹴って遊ぶだけでなく、抱き枕のように抱きかかえてリラックスする猫ちゃんも多いという話も聞きます。
だからこそ、猫の毛がつきにくいような素材を検討してほしかったなと思いました。

作りがやや甘い

猫がキックしながら遊ぶことを目的にしているのに、作りが少し甘いのもデメリットのように思います。
我が家では爪をきちんと切ってありますが、コタロウが少し激しめにキックをしただけで糸がほつれてきてしまいました。

1歳半の成猫の遊び方でほつれるようでは、子猫に楽しんでもらおうとするとすぐにボロボロになってしまうのでは?と少し不安に思いました。
けりぐるみの値段自体は1000円もしない程度なので買い直しはしやすいですが、もう少し頑丈で長持ちする作りなら安心して遊ばれられるのにと残念に感じてしまいます。

購入者レビュー

その他購入者のレビューをいくつかご紹介します♪

【デザイン】エビが美味しそうなのでいい感じにゃ
【使いやすさ】私の体格にちょうど良いにゃ!(雌猫/8ヶ月/3kg)
【安全性】つなぎ目が少し弱いにゃ。内蔵(綿)がでちゃうにゃ。
【価格】ニャッとくの価格だにゃ
【耐久性】毎日遊んで2ヶ月以上は持ってるにゃ!
【その他(世話人より)】
ピンクと赤のシマシマのデザインが可愛いのですが、つなぎ目が弱いので綿が出てきます。ご飲くせのある猫様には不向きかもしれません。大きさや尻尾に入ったシャカシャカがたまらないらしく、ご主人様はお気に入りのご様子。リピートします。
楽天レビュー

うちの猫のお気に入り。縫い目が多くて破れやすいのが欠点ですが、これだと良く遊びます。
楽天レビュー

元気すぎる猫たちのおもちゃとして購入しました。買ってから数ヶ月経ちます。かなりハードな遊び方をしていますが、少しほつれが出たくらいで破れたりしていません。腕の部分が結構細いので、すぐ取れちゃうだろうな…と思っていたのですが意外と丈夫でした。マタタビ臭はもうなくなってると思うのですが、おもちゃ箱から引っ張り出して遊んでいるのでお気に入りのようです。遊び終わったあと床にくったり横たわっているエビの姿はちょっと笑えます。
楽天レビュー

https://twitter.com/se20_ibuki/status/837649921297678336

けりぐるみの活用法は猫次第♡

https://www.pakutaso.com/20170135013post-9976.html

けりぐるみは蹴って遊ぶという本来の目的だけでなく、猫が抱き枕にしたり、咥えながら遊んだりとさまざまな活用法が期待できるアイテムでもあります*
さらに、コスパの良さや見た目のユニークさもペティオ製けりぐるみの大きな魅力。
気になる方は一度、愛猫がどんな使い方をするのか観察してみるのもいいかもしれませんね♡

商品詳細

エビ

amazonはこちら

猫1

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ペティオ necoco けりぐるみ キャット 関東当日便
価格:600円(税込、送料別) (2017/3/7時点)

 

amazonはこちら

ペンギン

amazonはこちら

サメ

amazonはこちら

フィッシュ

amazonはこちら

お得なネズミ・魚・うさぎのセットも♪