ボンベイの性格、飼い方、価格相場☆漆黒に輝く黒ヒョウにゃんこ

黒猫好きの方が気になる猫種といえば、美しい漆黒の被毛を身にまとった「ボンベイ」ですよね。
そんなボンベイには黒猫とはまた違った魅力がたくさんあるんです♡
そこで今回は、ボンベイの魅力をたっぷりとお伝えしていきますので、ぜひチェックしてみてくださいね★

ボンベイ誕生の歴史|交配された黒ヒョウのような猫種★

http://weheartit.com/entry/231682186/search?context_type=search&context_user=marija_simeonovic&page=2&query=%E3%83%9C%E3%83%B3%E3%83%99%E3%82%A4

ボンベイは1950年代後半に、アメリカのケンタッキー州に住むブリーダー、「ニッキー・ホーナー」が黒ヒョウのような猫を目指して作った猫種です★

1953年、アメリカのブリーダー、ニッキ・ホーナーがバーミーズとアメリカンショートヘアを交配して作り出そうとしました。
彼女は、筋肉質なのに、光沢のある被毛を持つ優しい性格の猫を作り出そうとし、「バーミーズ」と「アメリカンショートヘア」を交配させたそうです。
開発は様々な試行錯誤がされ、難航したこともあったようですが、1965年に現在のボンベイの原型が生みだされ、1976年にはCFAで正式な猫種として認められるようになりました*

ちなみにボンベイという名前は、黒ヒョウが多く生息しているインドの都市、ボンベイ(現在のムンバイ)からつけられたそうです♪

スポンサーリンク

特徴|美しい漆黒の被毛がチャームポイント♡

http://weheartit.com/entry/200623613/search?context_type=search&context_user=Blondecaotic&page=4&query=%E3%83%9C%E3%83%B3%E3%83%99%E3%82%A4

見た目

ボンベイの最大の特徴は、雑種の黒猫とは違った光沢感のある美しい被毛です♡
この被毛は年齢を重ねるごとに美しくなっていき、サテンのような手触りをしています。

雑種の黒猫は体の一部分に白い毛が生えていることもありますが、ボンベイは黒一色の被毛をしているのも特徴で、目の色もグリーンやヘイゼルなどが基本な雑種の黒猫とは違ってゴールドの丸くて大きい目を持っているのもポイント。

体型はスリムですが、筋肉質なので抱き上げるとずっしりとした重みを感じるのもボンベイならではです★

平均体重

ボンベイは引き締まった体つきをしているので、平均体重も軽め。
およその平均体重はオスで3.8kg~5.2kg、メスで2.5kg~3.8kgほどだといわれており、☆一般的な猫よりも体が小さめであることが多いようです。

平均寿命

自然発生ではない猫種は、どうしても寿命が短いのでは?と思われがちです。
しかし、ボンベイは体が弱い猫ではないので平均寿命も一般的な猫と変わらず13年~15年ほどだといわれています。
ただし、こうした平均寿命は飼育する環境によっても違うので、1日でも長生きして盛られるように適切な環境の中で育ててあげるようにしましょうね♡

性格|好奇心が旺盛で社交的♪

http://weheartit.com/entry/278911468/search?context_type=search&context_user=tidestore_reviews&query=%E7%8C%AB

ボンベイはとても好奇心が旺盛で、遊ぶことが大好きな猫種でもあります。
例えば、飼い主さんが新聞を読んでいると構ってほしくて遊びモードになる子も多いそう。

さらに、環境への適応能力が高いのもボンベイならでは。
社交的な性格でもあるので、小さいお子さんや先住猫がいるおうちでも飼いやすい猫種なんです♪
また、声も小さめなのでマンションやアパートなどの集合住宅で生活している方にもおすすめ★

飼い方のコツ★運動量を増やしてあげよう!

http://weheartit.com/entry/278912205/search?context_type=search&context_user=manakova_svetik&query=%E7%8C%AB

ボンベイは遊ぶことが大好きな活発な猫種だからこそ、飼い主さんが1日に何分か時間をとって、きちんと遊んであげるようにしましょう*
運動量を増やすために、キャットタワーなどを設置してみるのもおすすめです。

また、チャームポイントでもある美しい漆黒の被毛を維持するためにも、1日1回は必ずブラッシングをしてあげるのも◎
ブラッシングは毛ヅヤを出すだけでなく、抜け毛対策の効果もあるので猫の健康を守ることだってできちゃいますよ♪

かかりやすい病気は?

ボンベイは先天性の心疾患を持っていることもあるので、運動量が少なかったり、息切れをしてしまう場合はすぐに獣医さんに診てもらうようにしましょう*

また、歯周病にかかりやすかったり、目や鼻の病気を引き起こしやすいという特徴もあるので、歯磨きなどで口腔ケアをきちんとしてあげたり、目や鼻に異変があるときは動物病院へ連れていくようにしてくださいね★

オススメのエサ|運動量に合わせた低カロリーフードに★

運動量が多いボンベイには、肥満を予防してタンパク質をしっかりととれるキャットフードをあげることが大切になってきます。

中でもおすすめはイギリ産の「シンプリー」。
こちらは、動物栄養学者によって考えられたキャットフードで、獣医さんも納得なほど栄養バランスに優れたキャットフードなので、愛猫の健康維持に役立ってくれるはずです♡

今回は上記のエサをおすすめしましたが、もちろん環境や個体差によっても大きく左右されるので、ぜひ愛猫の体調を見ながら体に合ったキャットフードを選んでいきましょう♡

ボンベイの値段、価格相場は?

13万~20万円程度|ブリーダーから譲ってもらうのがおすすめ★

ボンベイはやや入手しにくい猫種でもあるので、購入したいときはブリーダーさんから譲ってもらうのもおすすめです。
平均的な価格は、ペットショップで13万~20万程度、ブリーダーから譲ってもらう際は20万~25万ほどだといわれているので、ぜひお財布と相談しながら慎重に購入を検討しましょうね♪

小さな黒ヒョウ、ボンベイを幸せにゃんこにしよう♡

http://free-photos.gatag.net/tag/%E9%BB%92%E7%8C%AB

小さな黒ヒョウともいわれているボンベイは、その呼び名からは想像できないほど甘えん坊で社交的な性格をしているのも魅力のひとつです★
ペットショップではなかなかお目にかかれない猫種だからこそ、家族に迎えたいと思っている方は、ボンベイの個性を理解して幸せな飼育環境を作っていきましょうね♡

スポンサードリンク