猫が大好きだからこそ♡アレルギーについてきちんと考えてみよう♪

猫とラブラブ

猫を飼っている人も、これから飼おうとしている人も、猫が好きな人みんなが気になる事…それは「猫アレルギー」じゃないでしょうか?アレルギー症状の中では、花粉症と同じぐらい有名な猫アレルギーでも症状や発症する原因について詳しく知っているかと聞かれたら…知らないことの方が多くないですか?猫が大好きだけどアレルギーだから猫が飼えないという方や猫を飼いはじめた時は大丈夫だったけど、突然アレルギーになってしまって困っているという方が、猫アレルギーの事をよく知り、理解して工夫したことで、猫と一緒に暮らすことが出来ているという人もいるんです♪今一度猫アレルギーについて考えてみませんか?

猫とラブラブ

http://pin.it/DgRyHcJ

猫アレルギーの原因

そもそも、アレルギーとは、体の外から入って来た細菌やウイルスを防いだり、体の中にできたがん細胞を排除するのに不可欠な“免疫反応”が、日常生活に潜む花粉やほこり、食べ物などに対して過剰に起こる事をです。その過剰に反応してしまう花粉やほこりなどの事を「アレルゲン」といいます。猫アレルギーのアレルゲンは、花粉やほこりの10分の1程度の大きさしかなく、小さいため飛び散りやすいです。アレルゲンは脂線から分泌されたり、唾液に含まれていたりして、それが猫の毛やフケに付着して飛び散ってしまいます。なんとなく、猫の毛がアレルギーの原因だと思っていたのですが、直接的な原因は「毛」や「ふけ」ではなく、猫そのものがもつアレルゲンだったんです!なので、抜け毛の少ない猫や、アレルゲンの分泌が少ない猫は、アレルギーを発症している人でも飼えることがあるんです♪

猫ぽりぽり

http://pin.it/JkfxduQ

アレルギーを引き起こしにくい猫がいる?

猫アレルギー対策の一つとして、アレルギーを引き起こしにくい猫が居ることを知っていますか?そんな猫たちのことを「ハイポアレジェニック・キャット」といいます★この猫たちの特徴は、アレルゲン自体の生産量が少なかったり、抜け毛がほかの猫に比べて少ないことでアレルゲンをまき散らす量を抑えることが出来ることが、アレルギーを引き起こしにくい要因といわれています♪でも、「アレルゲンを出さない」とうことではないです!そもそも、猫アレルギーの原因となるアレルゲンを持っていない猫は居ないと言われています…なので、猫アレルギーの人でも確実に飼うことが出来ると言い切れるものではありません…。ですが、軽度の猫アレルギーの人や、アレルギー対策の一環として種類に注視して猫を飼うことは良いことですよね♪ハイポアレジェニック・キャットと呼ばれている猫は、アビシニアン、ロシアンブルー、サイベリアン、バリニーズ、ベンガル、コーニシュレックス、スフィンクス、デボレンクス、オリエンタルショートヘアなどがいます★そして、オスよりメスの方がアレルゲンの分泌が少ないといわれています!またオスでも去勢を行っているとアレルゲン分泌が抑えられるそうです♪

ベンガル

http://pin.it/mR7Mkpr

スポンサーリンク

猫アレルギーの症状

猫アレルギーの人が猫に触れるとどんな症状が出るのか、アレルギーになっていない人はわかりませんよね!基本は花粉症などの症状と同じと考えればいいですが、ひどい場合は日常生活に支障が出ていしまうこともあるそうです…。そんな猫アレルギーを症状別に紹介します。

http://pin.it/gOTXbWx

●のどの症状

痛み、咳、呼吸が苦しくなりぜーぜーしてしまう、のどが枯れる、腫れて気管が狭くなるなどの症状がみられます。ぜんそく持ちの人がアレルギー症状を発症してしまうと、ぜんそくの症状を発症してしまうこともあるそうです。のどの症状は、重度になると呼吸困難になる可能性があり、とても危険です。

●目の症状

かゆみ、涙、腫れなどの症状がみられます。風邪や花粉症の症状に似ています。ですが、重度になると瞼や白目がぶよぶよに腫れて目が開けなくなってしまうこともあります。

●鼻の症状

かゆみ、鼻水、くしゃみ、鼻づまりなどの症状がみられます。鼻水は透明でサラサラとしていて、鼻から垂れてしまいます。花粉症の時もこのような鼻水がでて、アレルギー鼻炎の特徴といえます。

●皮膚の症状

かゆみ、発赤の症状があります。猫と触れ合った手や頬がかゆくなったり腫れてしまったりします。また、重度になると蕁麻疹を発症してしまうこともあるそうです。

そのほかに、胸を締め付ける感覚、唇の荒れなどもあるといわれています。いずれも、生活に支障をきたすほどになってしまうと、猫と暮らすことが生活の負担になってしまうといえます。

猫アレルギーだけど…猫と暮らしている人の工夫♪

これをすれば猫アレルギーでも猫と一緒に暮らせる!と断定できるもわけではないですが、実際に猫を飼っていて猫アレルギーになってしまった方が、その後も猫たちと暮らすためにした工夫について紹介します★この工夫を行って実際に今も猫たちと暮らしているということなので、猫アレルギーで苦しんでいる方はやってみる価値ありです♪

猫ラブラブ2

http://pin.it/4e-I8yO

家の掃除をしっかりする

アレルギーの原因となっているアレルゲンは、猫の毛やふけと一緒に飛び散ります。そして猫のアレルゲンは花粉やほこりより小さいので、さらに飛び散りやすいんです!なので飛び散らない様にするのが一番。そのためには、猫の毛やふけを家に蓄積させないために、家の掃除を完璧に行いましょう。カーテンやソファーも小まめに掃除し、カーペットにはを置くことはやめた方がいいです!

猫の体を清潔に保つ

室内の掃除をする理由と同じく、猫の体も清潔に保ちましょう、毛やふけが飛び散らないように小まめにブラッシングすることが大切です。アレルギーの方が、ブラッシングを行う時はマスクをし、ブラッシングを終えた後は手洗いを忘れずに!

ブラッシング

http://pin.it/SocTB-C

専門医師に相談する

きちんと猫アレルギーと向き合うためには、やはり医師の協力が不可欠のようです。いくらアレルゲンが飛ばないように工夫をしても、アレルギー反応が出てしまうことはあります。でも、医師に相談して、自分がどの程度のアレルギーなのかを知り、症状を緩和する薬を処方してもらうことで、アレルギーの症状は改善されるといいます。

猫を飼う前にチェックをしよう♪

猫を飼ってから自分、もしくは一緒に住んでいる人がアレルギーだとわかったら、困りますし悲しいですよね。なので、猫を飼いたいと思ったらまず自分がアレルギーなのか確認するのも一つの方法です★

猫カフェなどで猫と触れ合ってみる

これから猫を飼いたいと思っている人は、猫がたくさんいる空間に行ってみて、猫と触れ合ってみることはいいことです♪もちろん、知り合いの方が猫を飼っていたら触らせてもらったり、一定の時間一緒にいさせてもらいましょう★猫と触れ合ったときにアレルギーの症状がみられないか確認しましょう♪

ねこまみれ

http://pin.it/GztHRqa

アレルギー検査をしてみる

猫と触れ合ったことがある人で、アレルギーのような症状が出たことがある人や、猫を飼っているけど突然アレルギーのような症状がでて困っている人などは、病院で検査を受けてみることをおすすめします。アレルギー検査は、内科、耳鼻科、皮膚科などで受けることが出来るので、症状に合わせて受診し、アレルギー検査をお願いするといいでしょう。

猫アレルギーになりにくいアビシニアン

http://pin.it/EVnv3d1

猫アレルギーについて知らない事がたくさんありました!猫アレルギーでも、猫を飼っている人はいて工夫をして一緒に暮らしているんですね♪飼い始めたときはアレルギーではなかったのに、アレルギーになってしまった人は、猫との生活をやめることはできませんよね…。猫が好きでも猫を飼えない…それは本当につらいことです。今回の記事が少しでもそんな方たちの役に立てばと思います★でも、アレルギーは危険な面もあり、重度の症状がでると命にかかわります。なので、アレルギーを安易に考えず、きちんと向き合いましょう!

【参考文献】

http://news.mynavi.jp/articles/2014/06/25/catallergy/

http://www.konekono-heya.com/kaumae/cat-allergy.html

 

スポンサードリンク
猫とラブラブ