放置すると病気の危険!簡単に出来る猫の耳掃除方法まとめ

ある日ふと気づいたら、あれ?うちの子なんか臭う?!そんなことありませんか?もしかしたら、あなたの猫ちゃん、耳が汚れているかもしれません。耳垢を放置すると、知らない間に外耳炎などを引き起こすこともあるので、時々チェックしましょう。

http://sozaing.com

まずはスキンシップから

どんなペットでも、オーナーとの信頼関係は非常に大切なもの。耳掃除でも信頼関係ができていないと、させてくれない場合があります。そのため、いきなり耳に触るのではなく、猫ちゃんがリラックスできるよう、一緒にのんびりして撫でてあげながらチェックましょう。常に元気のいい子猫は、遊んであげた後など、眠そうな時にするといいでしょう。

スポンサーリンク

掃除道具に慣れてもらう

猫ちゃんがリラックスしたら、まずは綿棒やコットンに慣れてもらうことから始めます。いきなりぐわっと耳をつかまれたのでは、猫ちゃんもびっくりしてしまいますので、徐々にステップアップしていきましょう。

耳掃除で用意するもの

  • 綿棒
  • 化粧用コットン

猫ちゃんがリラックスした状態になったら、綿棒を取り出して目の前に見せます。

匂いを嗅いだり噛んだりしますが、好きなようにさせましょう。ある程度興味を失ったら、いざ耳掃除です!噛んでよだれだらけになってしまった綿棒は、取り替えてくださいね!

最初は、耳の入り口(ちょうど毛と耳の入り口の境目あたり)を軽く撫でるようにします。この時耳全体をつかもうとしたり、ひっぱったりすると嫌がる子が多いと思いますので、あくまで綿棒で撫でる程度にとどめます。ここでやり過ぎると耳掃除嫌いになってしまうので、ご注意くださいね。嫌がらなければ、顔を軽く固定し、中が見える程度に耳の先端を軽くひっぱります。目視できる範囲のみ、優しくなでるようにお掃除してください。奥まで綿棒を入れると、鼓膜に傷がついたり、耳垢が奥に詰まってしまう可能性もありますので注意が必要です。もし猫ちゃんが過度に嫌がるようだったら、自分でやるのはあきらめましょう。無理をして傷つけてしまったら、元も子もありませんので、獣医さんに相談して、チェックしてもらいましょう。

無事綿棒に慣れたら、次に乾いたコットンで、耳をふき取ります。コットンを2枚ほど重ねて、耳全体を軽く撫でるようにふき取ります。

実は、猫の耳の先端にはツボがあるといわれており、優しくマッサージしてあげると、気持ちよさがる子もいますので、優しくツボ押ししながらふき取るのもいいでしょう!ここでもやりすぎは厳禁です!あくまで見える範囲のみをふき取ります。自分の耳を掃除するように、優しくやってあげてください。

この時、コットンに黒い垢がついた場合は、消毒が必要ですので、次のステップに進みましょう。汚れていなければ、耳掃除の必要はありません。引き続き定期的にチェックしてください。

専用クリーナーを使う

猫ちゃんが綿棒やコットンに慣れたら、さっそくキレイにしてみましょう。通販やホームセンターなどでも専用のイヤークリーナーが売っていますので、手に入るものを使ってください。

シートタイプ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

毎日キレイ らくらく耳そうじシート 犬猫用 30枚入
価格:409円(税込、送料別) (2017/3/28時点)

amazonはこちら

最近は手軽に使えるシートタイプも販売していますので、初めての方はシートタイプを使ってみましょう。すでに洗浄液が含まれた、ウェットティッシュのような形状で、取り出して拭くだけですので、時間もかからず簡単です。初めてお手入れする方はこちらがおすすめです。

液体タイプ

amazonはこちら

シートタイプ慣れてきたり、汚れがひどい場合は、液体タイプを使用してみてください。普段のお手入れは、コットンに洗浄液を軽く含ませてふき取るだけで十分です。特に汚れがひどい時のみ液体で洗浄するとよいでしょう。液体洗浄では、直接耳に液体を注ぎ入れるので、注ぐ量や使い方が不安な方は、購入した液体を持参して、獣医に教わることをオススメします。良かれと思ってやっても、使い方を間違えては意味がありませんよね?正しくできてこそのセルフメディケーション。使い方を正しく知って、ケアしてあげましょう。

そのサイン、耳ダニ症かも?

https://www.pakutaso.com/

猫ちゃんが頻繁に頭を振っていたり、耳を出血するまで掻いている、、、なんてことありませんか?余談ですが、うちは2匹いたうちの1匹が耳ダニ症になり、放置した結果2匹とも耳ダニ症になってしまいました。なんだかやたら耳が痒そうだなぁ、、、と思ったときには、真っ黒な耳垢のようなものが、耳を掻いていた後ろ足の爪にまで広がっており、 完治するのに半年ほどかかりました。最初は2匹とも獣医さんに洗浄してもらいました。初めてその方法を見たときは、「猫って、耳に水が入ると死んじゃうんじゃないんですか??」と聞いたくらい、びっくりしました(笑)。どうやら、水が入ったまま放置すると中耳炎などになって、「最悪の場合」死に至ることがある。ということらしいです。かといって、ガンガン耳に水を入れてもいいわけではないんですが。。。そんなこんなで週一回の獣医による洗浄と、毎日のふき取りを続けて、今では全く出なくなりました。このように、耳ダニ症は気づかないうちに進行し、悪化すると完治に時間がかかりますので、悪化する前に気づくことが大切です。

耳ダニ症のサイン

  • 耳をよく掻く
  • 頭を頻繁に振る
  • 耳垢がたまりやすい
  • 耳垢が黒い
  • 耳から悪臭がする

以上のようなサインがあったら、一度獣医さんに診てもらうようにしましょう。

耳ダニ症の原因は手入れ不足によるもの

https://www.pakutaso.com/

耳ダニ症は、耳にたまった垢や皮膚などを、耳に寄生するダニが食べて増殖します。増殖が進むにつれて、ダニの排せつ物などがたまって、黒っぽい垢のようなものが、耳の中にびっしりとついてしまいます。耳ダニ症にならないためには、定期的な耳のお手入れは不可欠です!耳垢は先に紹介したコットンや綿棒で、こまめに掃除してあげましょう。耳ダニ症は非常にひろがりやすいので、多頭飼いの場合は、特に注意が必要です。1匹治ったと思ったら別の子に移ってしまっていて、、、なんてイタチごっこになりかねません。キレイな耳をキープするだけで、痒さなどから猫ちゃんを守れるので、ブラッシングの時などに定期的にチェックして予防し、悪化する前に対処しましょう。

他にもある!猫の耳の病気

外耳炎

外耳炎は、耳ダニや異物によるアレルギー反応によって起こります。耳ダニの症状同様、耳をよく掻く・頭を振るなどのしぐさ、耳から異臭がするなどの症状が出たら、獣医さんに診てもらいましょう。特に垂れ耳の品種は、ムレ等から外耳炎にかかりやすいので、注意が必要です。

中耳炎

中耳炎は外耳炎の悪化が原因で起こります。外耳炎に気づかず放置してしまうと、痛みを伴うようになり、頭を触ると痛がったり嫌がったりします。発熱することもありますので、すぐに獣医さんに見たもらってください。内耳まで広がると、平均感覚をつかさどる器官に影響を与える可能性もあり危険です。

耳血種

耳血種(ジケッシュ)も耳ダニや外耳炎がおもな原因で起こります。耳の内側が腫れてブヨブヨとした感触があります。強い痛みはないといわれていますが、猫ちゃんは異変を感じるため、しきりに耳を掻いて、出血を招いてしまうこともあります。また、耳ダニや外耳炎以外が原因の場合もありますので、適正な検査をして、獣医さんの指示通りケアして、治療していきましょう。

猫ちゃんの耳に関わる病気、いかがでしたか?健康で長生きしてもらうためにも、定期的なチェックをお忘れなく!

スポンサードリンク