可愛い♪海外で人気の猫のキャラクター12選!

ピンクパンサー

ミステリアスで神秘的、美しく愛らしい猫が世界中の人々に愛されているのは周知のとおりですが、猫のキャラクターも世界中で人気があります。日本にもキティちゃん、ドラえもん、サザエさんのタマなど長く愛されている猫キャラ、ジブリの「ジジ」や「ネコバス」、最近では妖怪ウォッチの「ジバニャン」などたくさんの猫キャラがあふれていています♪そして海外にも猫のキャラクターはたくさんあります。

今回は海外で人気のある猫のキャラクターのいくつかを日本でもおなじみのものからあまり知られていないものまで紹介したいと思います。

海外で人気の猫のキャラクター12選!

Tom(トムとジェリー)

トムとジェリー

https://pixabay.com/ja/トムとジェリー-漫画-子供-スケッチ-楽しい-レトロ-古い-色-2397258/

日本でも人気のある「トムとジェリー」。私も子供のころ大好きでジェリーのぬいぐるみが宝物でした(なぜかトムはもっていませんでした!?)。ネコのトムとネズミのジェリーが毎回バトルを繰り広げ、ネコのトムがネズミのジェリーを追いつめるものの最後はジェリーの勝利で終わるドタバタコメディーです。1940代から続く人気アニメーションで世界中の人に愛されています♡

Puss in Boots(長靴をはいたネコ)

長靴をはいたネコ

https://pixabay.com/ja/ブーツの小娘-おとぎ話-猫-動物-ネコ-剣-ファンタジー-漫画-155895/

父親の死により遺産として一匹の猫を譲り受けた貧しい男がその賢い猫のおかげで幸せと掴むというヨーロッパに伝わる民話に出てくる猫のキャラクター。ペローの童話やグリム童話が有名ですよね。最近ではドリームワークスの「シュレック2」に登場して人気を集めた、“ネコのプス”のスピンオフ映画も公開されました。

Garfield(ガーフィールド)

ガーフィールド

https://pixabay.com/ja/アラーム-クロック-猫-時間-朝-ガーフィールド-迷惑-814507/

1978年にアメリカの新聞漫画として連載が始まった「ガーフィールド」。主人公は太めのオスのトラ猫「ガーフィールド」。ラザニアが大好きで怠け者、いたずら大好きなキャラクターが人気です。

CATDOG(キャットドッグ)

キャットドッグ

Cat Dog Episodes Catdog” Theme Song (Hq) | Episode

アメリカのテレビアニメで人気となったキャットドッグ。
同じ体でつながっていて、左右でイヌとネコというユニークなキャラクターです。

Sylvester(シルベスター)

シルベスター

http://spinpasta.wikia.com/wiki/File:Sylvester_Cartoon_Vector_9-500×500.jpg

ワーナー・ブラザーズのアニメーション「ルーニー・テューンズ」にでてくる猫のキャラクター。黄色い雄のカナリアのキャラクターの「トゥイーティー」とのコンビでおなじみです。トゥイーティーを捕らえようと頑張るもの、賢いトゥイーティーに翻弄されてしまいます(笑)。息子のシルベスターJr.も可愛くて人気ですよね♪

Felix the Cat(フィリックス・ザ・キャット)

フィリックス

https://pixabay.com/ja/フェリックス-文字-漫画-おかしい-表示-心配-1920-年代-30729/

1919年に誕生した黒猫をモチーフとしたアメリカのアニメのキャラクター。日本では「フィリックスガム」でも有名ですよね♪日本の犬のキャラクター、「のらくろ」はフィリックスをヒントにして生まれたキャラクターだそうです。だからよく似ているんですね〜。

The Pink Panther(ピンクパンサー)

ピンクパンサー

https://pixabay.com/ja/ピンク-めかし屋-キャラクター-ピンクパンサー-2669018/

1963年の映画「ピンクの豹」のオープニングとエンドロールに登場したオスのピンク色の豹のアニメーションキャラクター。もともとは「ピンクパンサー」は映画の中のダイヤモンドを意味していましたが、ダイヤモンドをイメージして作成されたキャラクター自体が人気となり、スピンオフとしてアニメーションが作られるなどして「ピンクパンサー=ピンクの豹のキャラクター」としてイメージが確立しました。

Cheshire Cat(チェシャ猫)

チェシャ猫

https://pixabay.com/ja/チェシャ猫-ディズニー-日本-パレード-東京-泊-ライト-832066/

ルイス・キャロル原作の「不思議の国のアリス」にでてくる架空の猫のキャラクター。いつもニヤニヤ笑いを浮かべていて、自在に姿を消したり、現れたりと不思議で魅力溢れるキャラクターです。ディズニーのアニメ映画「不思議の国のアリス」にも紫色の縞模様の猫として登場して人気のキャラクターになりました。

Tigger(ティガー)

ティガー

https://pixabay.com/ja/ウォルト-・-ディズニー-ティガー-虎-文字-ディズニー-衣装-238128/

イギリスの作家、A.A.ミルンの児童小説「クマのプーさん」に登場するちょっとお調子者の元気いっぱいのトラの子供のキャラクター。1960年代にディズニーによるアニメーションが作成されるようになって世界中で人気のキャラクターとなりました。

The Cat in the Hat(帽子をかぶった猫)

the cat in the hat

http://cliparting.com/free-dr-seuss-clip-art-14596/

アメリカの絵本作家、ドクター・スースの「The Cat in the Hat」に登場するキャラクター。2003年には「オースティン・パワーズ」でおなじみのマイク・マイヤーズがキャットを演じた「The Cat in the Hat(邦題は「ハッとしてキャット」)が実写版映画として公開されました。

Tony the Tiger(トニー・ザ・タイガー)

tony

http://www.kidzworld.com/article/5732-tony-the-tiger-biography

コーンフレークで有名なケロッグ社のシリアル「コーンフロスト(現在名はコーンフロスティ)」のマスコットとして誕生したトラのキャラクター。誰もが一度は目にしたことがあるであろうケロッグの代表的なキャラクターです。

Figaro(フィガロ)

フィガロ

https://pixabay.com/ja/ピノキオ-フィガロ-ウォルト-・-ディズニー-漫画のキャラクター-2055824/

ディズニーの「ピノキオ」でピノキオの生みの親ゼペットじいさんの飼い猫として登場する白黒の猫のキャラクター。おじいさんに可愛がられるピノキオに嫉妬していじわるしちゃう猫ちゃんです。「フィガロ」はウォルト・ディズニーのお気に入りのキャラクターの一つだといわれており、ネズミのミニーちゃんのペットという面白い設定で短編のアニメ映画「子ねこのフィガロ」にも登場、また他のディスニー作品にもたびたび登場しています。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?
懐かしいものから比較的新しいキャラクターまでいろいろです♪今回はあえて海外生まれの猫のキャラクターたちを紹介しましたが、「Hello Kitty」はもちろんのこと、「魔女の宅急便」の「Jiji(黒猫のジジ)」や「ポケモン」の「ニャース(Meowth)」など日本生まれのキャラクターも海外で人気があります。皆さんはどのキャラクターがお気に入りですか?

ピンクパンサー