愛猫の気持ちを丸裸♪猫が購入したばかりの「猫用ハウス」を使ってくれない理由とは?

これから寒くなりだすと、防寒対策もかねて猫用のペットハウスを購入する方も多いと思います。
しかし、せっかく購入したのに使ってくれない…なんていう切ない結末を迎えてしまうのも猫飼いあるあるですよね*
そこで今回は、そんな猫用ハウスを使わない愛猫の気持ちを徹底解説しちゃいます♡
猫の気持ちが分かれば、おのずと対策法も見えてくるはずなのでぜひ楽しみながらご覧くださいね♪

愛猫が猫用ハウスを使ってくれない理由とは?

1.無理やり入れてしまっているから

マンクス
愛猫に「猫用ハウス」を使ってもらいたい!と思っていると、ついつい猫をハウスの中にむりやりいれてしまいたくなるという方もいるのではないでしょうか。
しかし、これは猫にとっては逆効果なんです★

猫は本来、とても臆病な生き物なので警戒心が強いもの。
だからこそ、初めて見るものに対しては興味がわきますが、同時に「怖い!」とも感じてしまうんです。
そんなときに飼い主さんが猫用ハウスの中に無理やり入れてしまうと、猫にとって猫用ハウスは「やっぱり怖いものだった…」と思えるアイテムになってしまいます。
なので、愛猫に使ってほしいと思うのであれば、無理やり猫を入れることはやめましょうね。

2.素材や形が気に入らない

20150325180429
どれだけ経っても飼い猫が猫用ハウスを使ってくれないときは、「素材や形が気に入らないので使いたくない」と思っている可能性があります。
猫の中には自分の使うアイテムにはとことんこだわりを持ちたいという子もいるので、そういった子は「自分の好みに合わない」と感じるものは使おうとしません。

特に、ドーム型の猫用ハウスは猫によって好みが分かれやすいので要注意*
薄暗いドーム型ハウスの中が「心地いい♪」と思う子もいれば、中には「暗くてなんだか怖そう…」と感じてしまう子もいるんです。
なので、初めて猫用ハウスを購入するという方は、まずはオープンなタイプのものからチャレンジさせてみるのがおすすめかもしれませんね★

3.においが気に入らない*

鳴く猫
猫は嗅覚が優れている生き物で、においによって所有物やなわばりを判断するものですよね。
だからこそ、買ったばかりの猫用ハウスのにおいが気に入らず、使ってくれないことも意外に多いんです*
猫は、ペットショップのにおいだけでなく、他の猫のにおいがするものも「使いたくない…」と感じてしまうので、猫用ハウスを飼ってあげるときはできるだけ新品を選ぶのもポイント。
また、においを取り除きたいと思うときは晴れた日に天日干しをするのもおすすめです。
こうすれば、ノミやダニを駆除しながら消臭をすることができちゃいますよ♪

スポンサーリンク

愛猫の気持ちを理解して無理強いはさせないようにしよう★

愛をこめて買った猫グッスはどうしても愛猫に使ってほしくなるものですが、無理強いはNG。
あまりにもイヤな思いをさせると、飼い主さんとの絆にまで影響が及んでしまうこともあるんです*
なので、これを機に愛猫の気持ちを理解しながら、猫も「嬉しい♪」と感じられるようなプレゼントの贈り方をしてあげましょうね★

スポンサードリンク